一瞬でもそう思ってしまった事が恥ずかしい

前日の三浦の素晴らしいピッチング(というより、どんなに疲れていてもどんなに病み上がりでも自分で投げなきゃどうにもならない大洋の現実と、それに文句も言わずに投げている三浦の姿との乖離)を見て、個人的にはもはや三浦は遠藤の再来と考えてもいいんじゃないかと思えてきた今日この頃。今年は三浦が投げる時しか見ない、というか三浦以外が先発する時は一切勝ちを期待しない事にしたいと思います。相手が巨人だと余計に。
で、今日の試合。9回の攻防しか見てないのであまりエラソーなことは言えませんけど、
・何だかんだでワンアウトさえも取れない
・どうにもこうにも間が悪いレフトとライトの守備位置交代(しかも意味がわからない)
・たった1球で試合を終わらせた森中
・そして結局意味が無かった守備位置交代
・あれこれやってみたつもりでも結局どうにもならない首脳陣の慌てぶり
・どうにもサマにならないセットポジション時のデニーのグラブの位置
最後のはまあどうでもいいとして、こういうのを見ていると大洋ってのは一体どうしてこんなにも負けよう負けようとしているのだろうかと不思議でなりません。9回表の多村のホームランに思わず興奮して、もしかして勝てるかもなんて思ってしまった俺が阿呆でした。やっぱり勝てるわけが無かったのです。あーあ、次に勝てそうなのは1週間後か。

朝日新聞1面ジャック

弱さも極限までいけば朝日新聞の1面(というかasahi.comのトップページですが)をジャックできることを大洋が証明してくれました。

そして、このリンク先の記事も大洋っぽい暢気さに溢れていてたまりません。
で、いくら誰も勝つことなんか期待しちゃいないって言っても、一応ちょっとは勝つつもりで野球やってほしいんですけれどもダメなんでしょうか?

新島トリップ

もう先週末の話になりますが、このところ毎年このへんの時期に行っている離島ツアー、今年は新島に行ってきました。社会不適合社会人としては、決してゴールデンウィークや盆休みなんかではなく、こういうどうでもいい時期に会社をサボって行くのは当然なのです。それと、新島と言えば普通は波乗りなんでしょうけれども、メンドクサイのでそんなものは持っていきません。折角行くんだから波乗りばっかりやってないでもっと島っぽいことをした方がいいのです。
そんなわけで竹芝桟橋からのジェット船に乗って新島へ。朝が早すぎて爆睡してたので途中何があったのかよく覚えてないです。
船の最前部にはこんなのが。
新島では宿のおばちゃんがお出迎え。何と宿の軽自動車を4000円/日で貸してくれるとのこと。ラッキー。何しろ新島のレンタカー代はべらぼうに高くて、軽でも12時間13000円もするのです。そして、宿のおばちゃんがまた面白い人で、やたらと釣りをすすめてくれて、しかも釣り道具なんか貸してくれたりするもんだから、結局その日の夕方、そして次の日も新島港の防波堤で釣りをやってしまいました。釣りなんてもう10年以上やってなかったけど、恐ろしく簡単に釣れるおかげもあってすっかりはまってしまいました。
ま、雑魚ばっかりですけど。
あとは、波乗りで有名な羽伏浦で(ボディー)サーフィンをしたり、温泉に入ったり、とても展望台とは思えない展望台(石切り場の一角が平らになってるだけ。恐くて途中で車を降りてしまった)に行ったりしてました。いやーやっぱり離島っていいもんですね。会社をサボって行くと余計に。
めっちゃキレイな羽伏浦
行った日はこんな波でした。その後小さくなる一方。ボード持ってかなくてよかった。
フツーの展望台
とんでもない方の展望台
こんな車じゃ昇る気になれません
無料の温泉
作りがわざとらしすぎるのがある意味残念
何じゃこりゃ???
そして1つだけやり残したのが「白ママ断崖層」っていう凄い場所を上から見れなかったこと。道が判らない(工事中っぽかった)からしょうがないんだけど。
あー、また行きてえなあ。

どうせなら行くところまで行ってほしい

このペースで行くとシーズン100敗の金字塔達成も可能なんていう素晴らしいペースで負けまくっている大洋なんですが、昨日も勿論負け、今日も負け。昨日はボカスカやられまくってサンドバッグ状態の大敗。今日は折角いい試合してたのに河原が火をつけちまって、それに横山が油を注いで、結果は見事な惨敗。しかも横山は防御率∞を達成する大活躍。何のために大洋から呼ばれたかよく判っているあたりがニクイ。さすが優勝経験者は一味違う。
昨日の話ですけど、知人(中日ファン)に「大洋対中日の試合でも見に行こうぜ〜」なんて誘われたんですけど、まあ一応予定もあったので断ってしまいました。遠藤が投げるなら多少無理してでも行きますけれども。いやマジで遠藤が投げろって言いたいわけじゃなくて、昔みたいに遠藤が投げる日だけはとりあえず試合っぽくなる、っていう日が週に1日くらいあったっていいんじゃないかってことなんですけどね。こういうアホなことをやってくれるなら行ってもいいかもしれませんが。

一番乗りはいいことだ

というわけで今日も一点差負けで、まだ6月だってのに40敗に到達してしまったそうで。先発ピッチャーが後藤っていう時点で消化試合臭さがプンプンしてるもんだから感覚的にはもう90敗くらいって感じなので、40敗って言われても「まだそれしか負けてないの?」って気がしてきたりするところがすごいです。その割には17勝っていう数字には全然違和感が無いところが何ともはや。そろそろ大洋の勝率が松井の打率に抜かされるんじゃないかと思うとそれはそれでドキドキもので楽しかったりして。
まあどっちにしても運のせいにしてる時点で既にダメなんじゃないかと。大洋にそんなのあるわけないじゃん。ちなみに大ちゃんに言わせると何か1つ足りないんだそうですけど、とりあえず足りないのは1つどころじゃないってことにさっさと気付いた方がいいんじゃないでしょうか。

雨漏り完治?

昨日の豪雨、どうやら藤沢とか茅ヶ崎あたりの雨量は神奈川でもトップクラスだったようで、あっちこっちでサイレン鳴りまくったりしてましたけど、こうなると心配なのはうちのJR120の雨漏り。あんだけ降ったら運転席辺りは水深5cmくらいになってるんじゃねえか? とか思いつつこわごわ見てみたら、カーペットがちょっと湿ってるだけで逆に拍子抜け。
ここ最近やったことはと言えば、ドアのウェザーストリップを一旦毟り取ってまたはめただけなんですけど、これで直ったと思っていいんでしょうか?
...やっぱダメだよなあ。

ソニータイマー発動?

先週の姫路出張以来患っている風邪が全然治らないので豪雨の中を病院まで行ったりしている間にどうやらヤッチマッタようで、発売日に買ったばっかりのau A1301S(勿論ソニー製)が壊れてしまいました。

電話やカメラとしては機能するくせに、液晶はいつまでたっても真っ白なまま。
そりゃ確かにちょっとは雨には濡れたけどさあ、これだけで壊れるなんて、日常生活で使うものとしては失格なんじゃない? 滅茶苦茶腹が立ったので強引に捻ったり殴打したりしたけど勿論直らず。っていうか直る見込みがあるならそんなことしませんけど。
腹立たしいからすっきりと解約してしまいたいところけど、年契約してから3か月も経っていないという罠。しかも前に使っていたツーカーは昨日解約したばっかりだったりして。クソッ、やっと新しい電話番号覚えたと思ったのに。あーまた腹が経ってきたぞ、ダサダサなサッカーの試合見せられたりしたせいで余計に。大洋の試合が無かったのがせめてもの救い。

[…]

それは地蔵に失礼

巨人相手に、先発バッテリーが東と小田嶋。
...おいおい、いくらなんでもそれは失礼なんじゃないか?
と思ったら、やっぱりキヨマーに怒られてしまいました。
コレとか、コレとか。
...っていうか、自分から当たったくせに文句言うな、ボケ。
試合自体は、開幕投手の吉見が敗戦処理に出てきたりして、大洋野球丸出しだったようで。ただでさえ病気療養中だったので、まともに見てなくて良かった良かった。

勝手に便所にするんじゃねえ

試合開始早々村田が落球して、そのピンチに斉藤隆が踏んばりきれずに失点、ときたらこれはもう完全に大洋のゴールデンパターンな筈なのに、いきなり出てきた内川が繋いだチャンスに黒人らしいファンキーさのかけらもないウッズが満塁ホームラン、こねくりまわし打法のコックスまでもホームラン、しかも投手陣がそのまま踏ん張って勝ってしまう、なんていうあまりにも大洋っぽくない試合にネタが尽きたのか、報知新聞ときたら勝手にWC砲なんて名付けてくれました。
そりゃ確かにWとCかもしれませんけれども、コックスとWCってのはあんまりにもアレなのでやめた方がいいと思います。
そういや古木と村田でFM砲なんてのもあったし、今年一番期待できそうなピッチャーは川村っぽいし、抑えはデニーだったりするし、一番打者は去年は事実上居なかった金城だし、ふと考えてみると今出てる連中ってほとんど去年までは居なかったり出てなかったりした連中ばっかりじゃないですか。つうか去年までのレギュラーって一体何だったんでしょうか。それでも去年とチーム成績に大差無い(敢えて言うならホームラン数の差で今年の勝ち)ってのは一体どういうことなんでしょうか。あ、所詮は大洋だから何をやっても無駄ってことですか。失礼しました。

VZ707

ワタクシが密かにVZ700(※1)を欲しがっていて、とはいうものの到底買えそうも無いので仕方なくカーステレオ(※2)だけとある筋から入手して自己満足に浸っていた、というのは極一部においては有名な話なんですが、実はその後継機であるVZ707(※3)が茅ヶ崎のハードオフ(ちょっと前に出来たんですよこれが)に置いてある事を3週間ほど前に発見してしまいました。当然ですけどジャンクコーナーで。
※1:ここで言うVZ700ってのは、PIAZZA NEROのファイナルエディション「PIAZZA NERO Irmscher VZ700(全車寒冷地仕様)」のことです。特に欲しいのは7台しか無いMT車。
※2:ここで言うVZ700ってのは、Panasonic製のファンキーな2DINカーステレオのことです。
※3:VZ700が2chアンプなのに対して、VZ707は4chになってたりします。見かけは殆ど同じ。

とはいうものの、走らない車のカーステに3,000円もの大金を注ぎ込むのは果たしていかがなものか、とか考えるとやっぱり考えものでして、その時はジャンクレコードを数枚買っただけで帰ってきてしまいました。
そして昨日、何となく再びハードオフに行ってみると、まだあのVZ707が置いてあるじゃないですか。おぉ、これは俺に買われるのを待っていたに違いない、と勝手に思い込んでしまったワタクシは思わずそのVZ707を手に持ち、レジへ向かったのでありました。勿論ジャンクレコードも一緒に。
嗚呼、またやってもた
こういう気分だったんですよ、この時は。特に右下の人みたいな。
嬉々として自分の駐車場に戻り、グチャグチャなJR120の車内をかき分けて、ケーブルだけがつながった状態のALPINE 7558Jからスピーカーやら電源やらアンテナやらをVZ707に移植してスイッチオン。すると、見事に電源が入り、ラジオが鳴るじゃありませんか。チューニングもちゃんとできるじゃありませんか。ボリュームも変わるじゃありませんか。
以前使っていたVZ700の操作を思い出しながら、どうでもいい「WELCOME」なんていう文字をディスプレイに出したりしつつ、カセットテープを入れたりして動作確認してみること数分。そしてこれが最後だとばかりにCDを入れてみると...悲しくもディスプレイには”E1″の文字が。
CD-Rは認識できないに違いない、と自分に言い聞かせて、何故か車内に放置されていたCharのCDなんかを入れてみてもやっぱりダメ。叩いても、本体を引っくり返してみてもダメ。ほっといても勿論ダメ。
というわけで、仕方が無いのでオークションあたりでPanasonicのCDチェンジャーを探していたりするのでありました。我ながら懲りないヤツだ。
ちなみに、前に使っていたVZ700は、CDは聞けるものの盤面に傷をつけまくって聞けなくしてしまうという恐ろしいヤツでした。それに比べたら動かない方がまだマシだと思い込む(ようにマインドコントロールをかけている)ワタクシでありました。やっぱりフィーバー止にしといた方が良かったんじゃないかと思ったりして。