A Happy New Year 2015

2015nenga_web

古いものはこちら(2006-2009年はありません)
2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014

A Happy New Year 2014

古いものはこちら(2006-2009年はありません)
2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2010 | 2011 | 2012 | 2013

K1100RS ユーザー車検 備忘録

15年ぶりぐらいにユーザー車検をやったので自分用にメモ。

事前準備

とりあえずざっと車体の確認をする。

  • エンジンがかからなかった(燃料ポンプが回らなかった)ので、サイドスタンドを手でガシガシ動かしたら直った。スイッチの接触不良だろう
  • タイヤの溝が明らかにNGなレベルなので、仕方なく交換する
  • フロントフォークのオイルが漏れているが、車検合否にはあまり関係ないレベルなので無視する
  • アンダーカウルを外してクラッシュバーを装着した状態だが、それで車検に落ちるとは思えないので無視する

バイク屋に頼まなければならないような致命的な問題はなさそうなので国土交通省の予約サイトで車検の予約をする。

事前整備

定期点検記録簿のフォームをダウンロードする。
ダウンロードした定期点検記録簿に沿って実施する。但し一部は省略(プロペラシャフトのスプライン部のがた、なんていうものを見れるわけがないので)。

  • カメラ固定用金具、適当に装着したシガーソケット等の余計な部品を外す
  • 燈火類は概ね問題無し
  • ポジションランプが点灯しないので確認したところ、玉切れのようだ(テスターで測ったらコネクターまで電気は来ている)。車検合否には関係ないので無視する
  • リヤブレーキオイルが減っていたので追加
  • 冷却液が減っていたので追加
  • エンジンオイルが足りないので追加
  • リヤブレーキパッドは替えてからまだあまり走っていないので見ない
  • フロントブレーキパッドはフォークオイルシールを替える時に同時に確認することにして今回は見ない

車検当日

1日4セクションに分かれていて、2つ目のセクション(受付時間が10:00〜10:45、検査実施は10:15〜11:30)を予約したので、それに合わせて家を出て湘南陸運局に向かう。うちからはだいたい30分程度。しょっちゅう来ている平塚競技場Shonan BMWスタジアム平塚の少し先。

予備車検

湘南陸運局の向かいにある栄和自動車で予備車検を受ける。スピード、ブレーキ、光軸のテストで3000円。ついでに自賠責にも入る(24ヶ月で13640円)。

カウルを外して全塗装したので光軸は確実にズレているため、この出費は仕方がないものと割り切る。

検査費用と自賠責代を払い、ラインに乗せる。
スピードはメーター読みで43km/hぐらいが計測器の40km/h相当のようなので、それにあわせて計測器のスイッチを踏むようにとのこと。
ブレーキについてはガツンと思いっきり効かせないと落ちるらしい。
光軸は予備車検であわせても落ちる人が多いので、もし落ちた際は何センチぐらいズレているのか検査官から聞いた上で再度来てください、とのこと。

料金の支払いやら何やら含めて、だいたい15分ぐらいで終わる。慣れていれば5分で済みそうだ。

手続き

車検に限らず陸運局で一番メンドクサイのがこれ。検査そのものよりメンドクサイ。

  • D棟で書類一式を買う(20円)
  • すぐ隣の窓口で印紙を買う(重量税5000円、手数料1700円)
  • C棟に移動し、購入した用紙に記入(一つだけ鉛筆、あとはボールペン。本人の場合はハンコ不要。予約番号はここで必要になる)
  • B棟に移動し、納税証明と車検証を出し、車検証にハンコをもらう
  • C棟に戻り、窓口で継続車検の申請をする
  • 書類に不備はなく、検査レーンの00番に並ぶように指示される

字で書くと大したことないが、あちこち行ったり来たりするのと、慣れないので書き方がよくわからないため20分ぐらいかかる。

検査

00番レーンには先客一名。

待機線で待っていたら、すぐにサンボマスターのVoの人みたいな検査官に呼ばれた。
ウインカー、ブレーキランプ、ヘッドライト、車台番号、タイヤの溝などの確認。昔やっていた鉄の棒でホイールをカンカン叩く謎の行為は今回はなかった。ホーンは確認されなかった。排ガスやマフラー音量の確認もなかった。漏れているフォークオイルを拭うことを忘れていたが、問題視されなかった。そしてこれら確認は問題なくOKが出た。

検査ラインはやったことあるかと聞かれたので10年以上前だと言うと、検査担当のオッサンを呼んでくれた(逆に言うと、経験者はセルフで勝手にやるということ)。

しゃがれ声のオッサンの付き添いでブレーキ、スピードメーター、光軸の試験。メーターは後輪だと最初に言っておくのが吉。本来なら機械の指示に従えばいいのだが、オッサンがガイドしてくれるのでそれに従う。自分で左足のフットスイッチを操作して次々と検査を進める。心配された光軸も含め、全て一発合格。

レーン隅の機械に書類を通して何かを印字し、それを建屋内の小屋に持って行ってハンコをもらう。これで検査は終了。

車検証発行

C棟2番窓口に行って書類を出す。
ほどなくして新しい車検証とステッカーが交付される。

交付されたステッカーをナンバープレートに貼付けて、めでたくユーザー車検完了。予備車検も含めて所要時間は1時間弱。申請であちこち行かされるメンドクサさを除けばなんともあっけなく終わった。

かかった費用は予備車検も含めて総額23360円。当たり前だがバイク屋に頼むよりも安い。ほとんど整備しない「通すだけ車検」の半額程度か。

ちなみに事前に記入した記録簿は誰もまともに確認しなかった。自分のバイクの整備状況は自分で管理しろということか、と良い方に解釈することにした。だったら車検制度自体不要だろうと(以下略)

K1100RSタイヤ交換 BT-023→T30

5月連休以降カバーをかぶったままだったK1100RSの車検が近づいてきた。

例年6月〜9月と真冬はろくすっぽ乗らないんだから車検期間もその分伸ばして呉れ、なんて悪態を吐きながらカバーを剥がして各部を確認してみると、車検で真っ先にチェックされるタイヤの溝が殆ど残っていないことに気付いた。というか車検用のチェックをして初めて気付くんじゃねえよ俺。

前にタイヤを替えてからまだ9000kmぐらいしか走っていないのに,
前後ともスリップサインが出ている。ロングライフを謳っているBT-023なのに全然大したことない。遠方ロングツーリングの割合が多く、延々高速数百キロみたいな走り方をしているせいもあって減り方が偏る面はあるかもしれないが、それにしても減りが早い。

仕方がないので次のタイヤを探す。車検が近いのでサッサと替えなければならない。BT-023は性能面ではあまり印象に残る点がなく、可もなく不可もなくだった。好印象だったPilot Road 2には既に新型の3が出ているが、それは少々高い。まだ並売している2ならそこそこ安い。そしてBT-023ならそれよりさらに安い。Pilot Road 2は約10000km持った。BT-023は9000km。差額はxxx円だから1000kmあたり幾らで・・・なんていう趣味性のかけらも無い計算の結果、再度BT-023にすることにした。今はあんまり資金に余裕が無いのだ。

問題は何処で交換するかだ。K1100RSのタイヤ交換を受け付けてくれる店は限られている。ディーラーは価格面と敷居の高さ故もっての外、NAPS等の用品店は基本的に対応できず、二輪タイヤ専門店だけが残る。最も近い横浜のMCタイヤランドに電話してみると、残念ながらBT-023は在庫が無かった。続いて世田谷のspeedstarに電話すると、BT-023の在庫は無いが、後継のT30ならあると言う。価格差は前後で1500円ぐらいとのこと。そのぐらいの差額で新型が買えるなら許容範囲だ。しかも差額を払ってもMCタイヤランドよりちょっと安い。今回は時間的余裕が無いのでそれで手を打つことにした。T30なんていうタイヤのことはよく知らないのだが、専門店が後継製品だというならそうなんだろう。その程度の認識で4万円も払う自分もどうかと思うが。

よくよく考えてみると、1500円余計に払うならPilot Road 2が買えたんじゃないかという気もするが、どうせこれも在庫が無いのだろうから気にしないことにする。

ここまではいい。問題は店に行くという行為だ。世田谷といえば東京だ。俺は東京の一般道は苦手なのだ。車も信号も多いし、車線もコロコロ変わってろくなことがない。しかし行かねばならない。嫌々ながらバイクの軽整備をする。とりあえずエンジンをかけようとすると、困ったことにかからない。サイドスタンドを上げても燃料ポンプが回らないのだからお話しにならない。はて、ポンプはちょっと前に替えたばっかりだし、何が悪いんだ?

ふと思い立って、サイドスタンドを手で握って何度か下ろしたり戻したりを繰り返すと、いきなり燃料ポンプがジーと音を立てて動き出し、無事にエンジンもかかった。おおかたサイドスタンドのスイッチが固着でもしていたのだろう。4ヶ月放置しただけでこうなってしまうとは。その後、あと50kmほどの命となったタイヤにフットポンプで空気を入れて準備完了。自分もプロテクター入りGパンとメッシュジャケットに着替えて準備万端。場所を覚えていないのでRAMマウントにiPhoneを固定して出発。

このところセローにしか乗っていなかったので、久しぶりに乗るオンロードバイクは新鮮だ。パワーも桁違いだし走りもいい。しかし渋滞路での扱い易さは遥かに劣り、高温多湿下での運転に至っては惨敗もいいところ。昼間は暑いので夕方になってから動き出したのだが、それでも暑い。R1は比較的空いていたのだが、原宿や戸塚警察のちょっと信号待ちしただけで簡単にファンが回る領域に行ってしまうのは勘弁してほしい。それでも横浜新道、第三京浜が空いていたため息を吹き返して元気に走っていたのだが、玉川ICで一般道に降りた途端に暑さ・人の多さ・信号の多さのトリプルコンボで不快感がMAXになる。ほんのちょっとしか走っていないのに左手の握力が限界になり、全てがメンドクサくなってきた頃にようやくspeedstarに到着する。

先客が数名居るようで、店の前にはバイクを置く余裕が無かった。仕方がないので道路の隅に停めてヘルメットを脱ぎ、暑さから解放されてホッとしていると店員のニイチャンに話しかけられる。T30の取り置きをお願いしていた者だと伝えると、ファミレスのような待機表に名前を記入される。混んでいるので1時間ほど待ってほしいとのこと。こればっかりはしょうがない。

店頭に並んでいるバイク雑誌、他人のバイクのタイヤ交換作業を見ながら時間をつぶしているうちに俺のK1100RSの番が来る。前回と同じく、前輪のシャフトを抜く際にジャッキアップをせず、一人がグラブバーを掴んで体重をかけて前輪を持ち上げ、その隙にシャフトを抜き、そのシャフトにウマをかける、という荒技で作業を進める。ここはいつもそういうやり方なのだろう。

バルブのゴムが劣化しているので替えた方がいいですよ、と言われたので素直に替える。30分ほどで作業終了。

フロント:14,500円
リヤ:21,600円
バルブ:500円 x 2
工賃:7,600円
値引き:-2,000円(現金払いをすると値引いてくれる)

合計:42,700円

タイヤ交換の備忘録を書くたびに同じことを書きたくなるのでまた書いてしまうが、バイクのタイヤは高い。1,000kmで4,000円、100kmで400円、10kmで40円。ガソリン代の高さばかりを気にしがちだが、リッター20km程度(つまり2013/9時点では10kmあたり80円ぐらい)のK1100RSの場合、ガソリン代の半分ぐらいのタイヤ代も走るたびに払っていることになる。とんでもないコストパフォーマンスの悪さだ。性能面の向上ばかり考えず、そこそこの性能でロングライフなタイヤも作ってほしい。それが出来ないなら単純に旧製品の並売を長期間続け、少しずつ値下げしてほしい。それだけで充分なんだけど。

新品は滑るので気をつけてくださいね、というおきまりの忠告を受けて帰路につく。既に7時を回っているので多少渋滞も解消されているが、ちょっと車線選択をミスると無駄な右折渋滞につきあわされるので油断できない。やはり都内は怖いところだ。第三京浜に入って多摩川を渡るとちょっと落ち着く。その後は大した渋滞も無く、無事に帰宅。

新しいT30の第一印象は、まあまあ軽快且つ素直に走る。ただ、交換直後の新品故に空気圧が適正で段減りしていないから、というだけの話かもしれない。タイヤの性格としてはスポーツツーリングタイヤとのことなので、せめて箱根ターンパイクか富士山スカイラインくらいは走ってみないと何も評価できなさそうだ。しかしそのためにはこの酷い残暑、というか湿度がどこかに行ってくれないことには・・・

交換時の走行距離:56845km

またバッテリーを買う羽目になった

夏になると稼働率が極端に下がるうちのピアッツァ。
週末の横浜オフを前に、上がってしまったバッテリーに充電器を繋いでみたものの、これっぽっちも充電されない。どうやら完全放電してしまってご臨終らしい。

仕方なく楽天で購入

またゴミが増えた

ちょっと調べてみると、前回ピアッツァに乗ったのは6/23、前回のバッテリー交換は去年の9/20。たった1ヶ月乗らないだけで、まだ買ってから1年も経っていないバッテリーを死に追いやるとは、この車の暗電流は一体どれだけあるんだろう。以前は1ヶ月ぐらいは特に問題無かった筈で、年々酷くなっている気がする。

このピアッツァにはバッテリーカットオフスイッチをつけているので、乗らないならこれで接続を切ればいいだけの話なんだけど、オドメーターが死んでしまって以降、トリップをオフにできない関係でこのカットオフスイッチは使えなかった。それも自作iPhoneアプリのおかげで解消したので、今後はきっちりオフにすることにしたい。韓国製の安物とはいえ、毎年毎年お布施のようにバッテリーを買わされるのはたまらない。

ちなみに、自作iPhoneアプリDIGITAL CRUISINGへの熱い支持は当然のように最初だけで、ここのところ毎日のダウンロード数は10前後を行ったり来たり。こんなところまでピアッツァの真似しなくてもいいのに。

Swim Noteが日本経済新聞に???

拙作iPhoneアプリSwim Noteが、知らない間に日本経済新聞(夕刊)に載っていたらしい

6/27にいきなりダウンロード数が100を超えたので、何があったのかと不思議に思っていたんだけど、コレがその理由か。

こちらに連絡無しに勝手に載せること自体は全然構わないけど、教えてくれれば記念に1部買ったのに。売り上げ100円ほど逃しましたね日経さん。あと、この記事を書いた人はインストール時は日本語以外の言語を使っていたらしい。日本語版だとドーバー海峡や地中海ではなく津軽海峡や大島航路が出てくるので。

ちなみに普段のダウンロード数は20〜30ぐらい。この記事が載った日と翌日だけ100越えで、すぐ元に戻ってしまった。日経とはいえ夕刊だと5倍になる程度の広告効果しかないらしい。ターゲットを絞らない広告の無意味さがよくわかりました。

よだれ防止作戦

ピアッツァの泣き所の一つ、リヤクォーターガラスのグロメット(要するにゴム)。

うちのJR130のコレは、確か錆取りしていた時に替えたものなので、既に10年以上経っている。そして、当然のように劣化していて、まるで役目を果たしていない。

よだれが垂れている

本格的な梅雨、台風が来襲する前に、やるだけやってみることにした。

うちには以前買ったグロメットのストック部品もあるが、室内保管していたにもかかわらずゴムが劣化していて、ちょっと触ったら崩れる状態。

強く持ったら崩れる

こんな耐久性の無い部品を新品で買う気にはならないので、手元にある材料で何とかしてみることにした。
(ちなみに一般的にはゴムパイプを切ったり、水道管補修用のゴムを使ったりするらしい)

同じくらいの大きさにゴム(というかスポンジ)シートを切る

古いゴムを外す

そのままだと隙間があるので…

隙間用の厚いスポンジも用意して…

無理矢理圧入して…

左右完了

当然ながら、採寸なんていうメンドクサイことはせず、全て現物合わせの作業。
後端だけなので、作業時間45分ほどで完了。

よだれは止まるのか、それとも逆に雨漏りしまくるか。次の雨が楽しみだ。

1年分の劣化に悩まされる

Irmscherの車検が切れてから1年経った。この1年間やったことは、1〜2ヶ月に一度エンジンをかけて駐車場内を前後に走る程度。ほぼ放置していたと言っていい。

クルマは乗らなければ確実に劣化する。ましてやこんな海からそう遠くない青空駐車場に、製造後25年経ったクルマを野ざらしで放置していたのだから、その状態たるや推して知るべし。

車検切れ前の状態を正確に覚えているわけではないが、確実に痛みは進行している。

ボンネットや屋根の塗装は、以前にもましてカピカピになってしまった。
あまり見覚えのない錆が幾つかある。
じんわりと減ったのか、エンジンオイルが無かったので追加した。
冷却水も無かったので追加した。
ダッシュボードの割れも本数が増えた。
リヤシート、ドライバーシートの破れはますます大きくなった。
トランクルームには蟻が大量に這っている。
運転席は相変わらず雨漏りしている。
各種プラスチック部品の劣化も進んだ。
シフトノブやカバーの革も剥がれてきた。
10年モノのタイヤはもうダメだろう。

車齢や走行距離を勘案すると、何の思い入れも無ければ間違いなくスクラップ行きの状態だ。

今まで何台かのピアッツァの「かっぱぎ」をしたけど、致命的な故障が無いことを除けば、内外装の状態は、かっぱぎしたどの個体よりも悪い気がする(が、錆取り前のJR130に比べたら遥かにまともだったりする)。

劣化したのは見た目だけではなく、中身も同じだ。エンジンをかけてみると、本来のエンジン音の他に、エキパイ付近からのシューという音が目立つ。

エンジンが止まってしまうまではいかないが、アイドリングも安定しているとは言い難い。走行できるわけでもないので、本当に調子が悪いのかどうかもよくわからない。

外見はただ単にみっともないだけなので見なかったことにすれば済む話だが、中身はそうもいかない。エンジンはたまたま判りやすい症状なのである意味助かるが、それ以外にダメなところはおそらくあるだろう。

1年前、処遇を決めずにとりあえず車検を切らした。それから1年経ったが、相変わらず何も決められていない。JR130の車検が切れたら入れ替える方向で考えていた。

しかしこの状態を見ると、2つの意味で考え込んでしまう。このクルマに2年乗るほどの価値はあるのか、そして入れ替わりにJR130を2年放置したら、これとは比較にならないほど劣化するのではないか。

ちなみに、今年はIrmscherの自動車税は払っていない。払い込み通知が届かなかったので税事務所に確認したところ、車検を取る気になったらその際に払えば良いとのことであった。

今年の冬にその税金を支払うことになるのか、それとも再度の先送りになるのか。今決める必要はないけど、そう遠くない将来に決めなければならない。

まあ、要するに廃車にする決断ができないということなのだが。

Irmscherが無くなったからといって全く困らないのだけど、単純に困る・困らないで片付けられるものでもない。

暫くは悶々とした日々が続きそうだ。

DIGITAL CRUISING いきなり熱い支持

先日リリースしたアプリDIGITAL CRUISINGのダウンロード数が、予想を遥かに超える数で推移している。

全く宣伝していないにもかかわらず、このダウンロード数。今まで1日20〜30前後で堅調にダウンロードされていたSwim Note、1ヶ月に1本(笑)程度のPIAZZA Databaseを軽々と凌駕している。

国別で見てみると、辛うじて日本がトップなのだが、それに続くのはどういうわけかトルコ。次いで仏・英・米・豪・伊等が並ぶ。居並ぶ先進国や十時野郎の母国はいいとして、どうしてトルコなんだ???

その割には海外からのコメントが全くついていないのも気になる。最初に出てくるダイアログに面食らって使うのを放棄したのか、テキトーな英語が通じなかったのか、使い方の想像がつかなかったのか、そもそも何かの勘違いをしてダウンロードしてしまったのか、想像は尽きない。

これだけダウンロードされる理由など知る由もないが、スピードメーターというものには一定の需要があるのかもしれない。まさか俺のピアッツァと同じくオドメーターや燃料計が壊れた車が同じように多数あるとも考えにくい。要するに、さっぱり判らん。

とりあえず今後のダウンロード数を見守りたいが、こんなものがここまでダウンロードされるなら、広告ぐらい付けておけばよかったかと少しだけ思ったりする。

ちなみに「いきなり熱い支持」というのは、いすゞが1981年に出したピアッツァの新聞広告の文句。最初だけは熱い支持だったものの、その後支持率は急降下して10年にわたり低空飛行を続けたのは言うまでもありません。そしてこのアプリもそうなる気がして仕方がありません。

DIGITAL CRUISING for iPhone

久しぶりの新作iPhoneアプリ、DIGITAL CRUISINGをリリースしました。
GPSを利用したスピードメーター、オドメーター、燃料管理用アプリです。

Download from App Store

判る人が見ればすぐ判るでしょうし、名前でピンとくる人もいるかもしれませんが、初期型ピアッツァのデジタルメーターを再現したアプリです。

(そして、AppStoreのアプリ紹介には意図的に何も書いていません。その反面、AppStore用キャプチャにはネタが仕込んであります。暇な人は探してみてください)

こんなものを作ったきっかけは…

  • 自分のピアッツァのオドメーターが壊れて、何km走ったのかわからなくなった
  • 燃料計もとっくに壊れていて、ガス欠の憂き目にあった
  • 唯一生きているトリップメーターも、バッテリー上がり等でしょっちゅうリセットされてしまう(ピアッツァのメーターは、トリップだけデジタルで、オドメーターはアナログ。しかもこのトリップは通電されなくなると初期化される)

というわけで、一見おふざけにしか見えないアプリではありますが、自分としてはの実用本位であり、どうしても必要だったアプリです。

そういう意味ではピアッツァのデジパネに似せる必要などこれっぽっちも無かったわけですが、せっかく作るんだから面白いものにした方がいいので、楽しんでやっているうちにこんなものになりました。

知っている人しか判らない「OK」もちゃんとアニメーションしますし、始動時のメーターの動きも、それなりに似せて作りました。ついでに言うと、ENGINE STARTボタンで鳴るエンジン始動音は自分のピアッツァの音だったりします。

左下の時計等を表示している部分はピアッツァXE、XESに用意されているマルチドライブモニタ、右下のオーディオは愛用のALPINE 7618Jを模しています。これらも含め、完全に自分仕様なアプリです。

このアプリも、基本的には東海道線での通勤中に作りました。仕事でのプログラミングとは異なり、自分で好きなものを好きなように作れて、それを(欲しい人がいるかどうかはともかく)世界に向けて公開できるということは、非常に楽しいものです。

細かいことを言えば、やりたいことも、やれることもまだまだたくさんあるのですが、きりがないのでこのへんで一旦リリースすることにしました。

というわけで、面白半分でダウンロードして笑うもよし、実用的に使うもよし、楽しんでいただければ幸いです。