Archive for 'NERO Irmscher'

そして1台が残った

元々その気は無かったのに気付いたら2台、3台と車が増えていた(しかも同じ車種)といった事例は、世間一般的には若干特殊ながらも皆無ではない程度に存在する。俺の場合、おおっぴらに2台、こっそり1台の3台持っていた(乗っていたとは言わない)のだが、様々な事情が重なり、一気に2台減ることになった。

JR130 XES

まず1台は部品取りで持っていたJR130 XES。これは置かせていただいていた場所の都合によるものなので仕方がない。やろうと思えば別の場所を確保してそこに移動することも出来なくはないが、保管するための場所代、移動させるための手間(タイヤはパンク、エンジンがかかる見込みなし)、移動費用等をかける踏ん切りがつかず、取り外し可能な部品を外した上で処分することにした。

15年放置していた車を処分することは、それで大変だ。久しぶりに目にしたXESは、パッと見はボロいが、放置期間の割には程度が良い。潰すのは勿体無いが、とにかく仕方がない。

IMG_4071 IMG_4080
IMG_4082 IMG_4087

タイヤはどうにもならないのでオークションで1円落札したスタッドレスに交換した。デジパネやらドラコンやら何やらの電装部品は外した。ボンネットが生け垣に突っ込んでいて開けられないため、エンジンルーム内がそのまんまなのが惜しまれる。とはいえ、そのまま使える部品はあまり無いとは思うが。

部品取り車はいつか処分せざるを得ない運命なので仕方がない。「せっかくのXESなのに勿体無い」とはしばしば言われるのだが、だからと言ってそのような発言をする人が引き取ってくれるわけでもない。残念ながらそんなうまい話はない。だから結局「仕方がない」に行き着いてしまうのだ。

JR120 PIAZZA NERO Irmscher

問題はもう1台、JR120 PIAZZA NERO Irmscherの方。

諸事情により車検継続を諦めて休眠していたIrmscherは時間とともにボロさを増し、遂にブレーキが壊れ、どうにかこうにか近隣某所に身を寄せたところまでは以前書いた通り。

そのIrmscherを、JR130 XEの車検切れに伴い復活させることにした。3年以上放置した車なので一筋縄ではいかないのは目に見えているが、とりあえずわかりきっているところだけ自分でやる。パンクしたタイヤは格安落札した新品タイヤに交換し、バッテリーも新品を用意した。

tire

整備工場まで牽引するためにJAFを手配し、ブレーキが効かないIrmscherを外に出した。この場所に置いていたのは約1年半なのだが、パッと見ですぐにわかるほど錆が進んでいる。屋根やらドアやら、ありとあらゆるところにポツポツと点錆がある。タイヤ交換すべくジャッキアップしようとすると、ジャッキアップポイントは錆で崩れ落ち、全く存在しなかった。

IMG_5892

このあたりから嫌な予感がしたが、とにかくIrmscherは予定通りJAFの手により工場に運ばれていった。

年末故に暫く放置されていたIrmscherの状況が伝えられたのは、工場入りの約20日後であった。ブレーキはマスター油漏れとパイプ劣化、エンジン回転不安定、電装系あちこち駄目なのはある程度予想の範囲内だったのだが、タイヤ交換時に気付いてしまった錆は相当酷かったようで、よほど金をかける気がないなら処分したほうがいいのでは、とのことであった。

覚悟していたことではあるが、乗用車に興味が無いディーラーの整備士が言っていることならともかく、古い車に理解のある整備士の方に言われてしまうと、別の意味で踏ん切りがつく。

こうして、車検を取るつもりで工場に持ち込んだIrmscherは、急転直下、手放すことになった。それならそれで処分する方面での手間がかかるのだが、幸いなことに部品取りまたは修復ベースとして丸ごと引き取っていただくことになった。

モヤシ炒めとバターロールを食いながら金を貯めて買ったIrmscherを手放すのは勿論しのびないし残念だ。しかし、それほど変わらないレベルでボロいJR130 XEを抱えている状況でさらにIrmscherを直しながら乗ることは現実的ではない。

3年以上前から車検もなく、ここ1年半は手元にさえ無かったのだから、今更無くなっても何かが変わるわけではない。どちからというと、手放す決断をするために3年半を要した、という気がする。

黒で始まり、黒と白になり、そこに赤が加わってから15年。一気に黒と赤がなくなり白を残すだけになった。白はいつまで持ち続けられるのだろうか。

後学のために

今回の騒動(?)で得られた知識は以下の通り。今後これが役立つ日が来るのかどうかは不明。

  • 神奈川県においては、車検が切れた車のナンバープレートを返納せずに放置していると納税通知は来ない。県税事務所が車検時期を把握しており、車検切れの車に対しては納税義務は無いとのこと。
  • この状況の車両の車検を再取得する場合、放置していた期間も含めた税金を払う必要がある。仮に3年間放置していたIrmscherの車検をとった場合、約12万円の自動車税を支払う必要があった。
  • 但し、これはナンバーを変更しない場合の話。一旦ナンバーを返納(一時抹消)し、再度新規でナンバーを取得すれば税金はかからない。これも県税事務所の方が説明してくれたので間違いない。
  • しかしこの場合は陸運局に持ち込む必要があるため、認証工場側がこれを嫌がる(手間と費用がかかるため)。
  • JAFは車検が切れている車両はサービス対象外としているが、車検取得目的での移動であればサービス対象となる。知恵袋あたりで実経験がない人がJAFのWebサイトの記述ベースで対応不可と回答しているが、これも自分が実際にやってもらったことなので間違いない。

2014年まとめ [PIAZZA]

2014年は結局1年通して何も書かずじまいだったことを反省して、元旦早々去年のまとめ。

2013/12

最早一昨年の話になってしまったが、無事に車検を通った。
ステアリング周りのガタガタや、ろくに効かないブレーキを直した。
その際、ステアリングのセンターが1段ズレた状態になっていたのだが、直そう直そうと思いつつ1年以上そのまま。

2014/2/23

横浜オフに向かう途中、笹下釜利谷道路でエンジン尺取り虫現象発生(要するにガス欠)。拙作DIGITAL CRUISINGによればまだまだガソリンは余裕があるはずなのだが、急激に燃費が悪化していたらしい。たまたま携行缶にガソリンを900cc持っていたので路上給油し、辛うじてJAFを呼ばずに済んだ。

IMG_1584 IMG_1582

ちなみにPIAZZAのガソリンタンクは58リットル。

2014/4

とっくに車検が切れているIrmscherを放置している茅ヶ崎の駐車場オーナーから、アパートを立てるので1ケ月以内に撤去せよとの指令が出た。過去最大のピンチである。

とりあえず自走可能な状態にしようと思い、充電済みバッテリーを持って出かけてみると、左前輪がパンクしていた。仕方がないので平塚のガレージオフで300円でフットポンプを購入して試してみたが、微動だにせず。このタイヤはもう諦めるしかなさそうだ。

IMG_1750 IMG_1766

数日後、知人の助けを得て駐車場を脱出した(諸事情により詳細は省略)。

IMG_1807 IMG_1813

その後のIrmscherの処遇は、結局2014年中に決められなかった。
これを決めることが2015年の最大の課題。

2014/4/19

リヤパーセルシェルフに砂を乗せてぶっ壊す自爆事件発生。

IMG_1831

2014/7

エアコンがあまりにも効かないのであづま自動車に修理に出した。
部品不足とのことで、たまたま持っていたホース類と中古エバポレータを供出した。
1ヶ月ほどかかってやっと修理完了。修理代44875円。

なお、持って行こうとしたらバッテリーが完全死亡していて、セローでコーナンまで安物バッテリーを買いに行く憂き目にあった。

IMG_2283

2014/9

せっかく修理したものの、設定温度をクーラー最強のまま変更できない状態だった。モーターだか何だかが壊れているとのことだったので自力で確認してみたところ、モーター自体は直結すれば動き、サテライトスイッチを予備に交換しても変化がないので、どこかのコントロールユニットだか何だかが壊れていると考えざるを得ない。

そのコントロールユニットは中古品がなぜか手元にあるのだが、ダッシュボードを外さないの替えられないのでめんどくさい。仕方ないので手でダイレクト操作して凌ぐことにした。

IMG_2484 IMG_2492
IMG_2494


その他のトピックスは以下の通り。

  • 年間走行距離は約700km(何だそりゃ)
  • 燃費は6km/L台まで低下してしまった
  • 結局2014年は県外に出ずに終わった
  • オドメーターは相変わらず動いたり動かなかったり
  • 電子錆防止機器Rust Busterがバッテリーをあまりにも浪費するので遂に諦めて外した
  • もはや当たり前すぎる問題点として、ハッチゲートの雨漏り、車体各部の錆は年々酷くなる一方

2015年は原点回帰して、ちょっとは錆取りする予定。

1年分の劣化に悩まされる

Irmscherの車検が切れてから1年経った。この1年間やったことは、1〜2ヶ月に一度エンジンをかけて駐車場内を前後に走る程度。ほぼ放置していたと言っていい。

クルマは乗らなければ確実に劣化する。ましてやこんな海からそう遠くない青空駐車場に、製造後25年経ったクルマを野ざらしで放置していたのだから、その状態たるや推して知るべし。

車検切れ前の状態を正確に覚えているわけではないが、確実に痛みは進行している。

ボンネットや屋根の塗装は、以前にもましてカピカピになってしまった。
あまり見覚えのない錆が幾つかある。
じんわりと減ったのか、エンジンオイルが無かったので追加した。
冷却水も無かったので追加した。
ダッシュボードの割れも本数が増えた。
リヤシート、ドライバーシートの破れはますます大きくなった。
トランクルームには蟻が大量に這っている。
運転席は相変わらず雨漏りしている。
各種プラスチック部品の劣化も進んだ。
シフトノブやカバーの革も剥がれてきた。
10年モノのタイヤはもうダメだろう。

車齢や走行距離を勘案すると、何の思い入れも無ければ間違いなくスクラップ行きの状態だ。

今まで何台かのピアッツァの「かっぱぎ」をしたけど、致命的な故障が無いことを除けば、内外装の状態は、かっぱぎしたどの個体よりも悪い気がする(が、錆取り前のJR130に比べたら遥かにまともだったりする)。

劣化したのは見た目だけではなく、中身も同じだ。エンジンをかけてみると、本来のエンジン音の他に、エキパイ付近からのシューという音が目立つ。

エンジンが止まってしまうまではいかないが、アイドリングも安定しているとは言い難い。走行できるわけでもないので、本当に調子が悪いのかどうかもよくわからない。

外見はただ単にみっともないだけなので見なかったことにすれば済む話だが、中身はそうもいかない。エンジンはたまたま判りやすい症状なのである意味助かるが、それ以外にダメなところはおそらくあるだろう。

1年前、処遇を決めずにとりあえず車検を切らした。それから1年経ったが、相変わらず何も決められていない。JR130の車検が切れたら入れ替える方向で考えていた。

しかしこの状態を見ると、2つの意味で考え込んでしまう。このクルマに2年乗るほどの価値はあるのか、そして入れ替わりにJR130を2年放置したら、これとは比較にならないほど劣化するのではないか。

ちなみに、今年はIrmscherの自動車税は払っていない。払い込み通知が届かなかったので税事務所に確認したところ、車検を取る気になったらその際に払えば良いとのことであった。

今年の冬にその税金を支払うことになるのか、それとも再度の先送りになるのか。今決める必要はないけど、そう遠くない将来に決めなければならない。

まあ、要するに廃車にする決断ができないということなのだが。

Irmscherが無くなったからといって全く困らないのだけど、単純に困る・困らないで片付けられるものでもない。

暫くは悶々とした日々が続きそうだ。

やめること、はじめること

今年から仕事の関係で東京の西部にある某社の工場まで通勤している。

湘南エリアから東京や埼玉の西側という場所は極めて遠く、どういう経路で行っても通勤に片道2時間半かかる。これはちょっと長過ぎる。1ヶ月限定とかならともかく、半年以上続くとなると考えものだ。この世に無駄なものは沢山あるけど、通勤時間なんてその最たるもの。

とはいえ、残念ながら我々の仕事はこの手のことは当たり前に発生してしまうので、起業でもしない限りいつまでたっても繰り返される。こういうことも含めて前向きに捉えないと精神的におかしくなる。そこで、何かをやめて、その代わり何かを始めることにした。

やめること

  • 週2〜3回プールに行くことをやめる(というか平日は行けない)
  • ここ2年出ていた遠泳大会への出場は諦める(成績が落ちるのが見え見えなため)
  • Irmscherの車検を通すことをやめる(乗れるということは直すことを伴うが、その時間が無さそうなため)
  • プロ野球のテレビ観戦をやめる
  • TOEICの受験(何年か続けて800点台取ったのでもういい。点が上がっても喋れるわけじゃないし)
  • K1100RSの存在は秋まで忘れる(前からそうだっただろうというツッコミは受け付けません)

はじめること

  • 通勤中にコーディングをする(そのためにMacBook Air 11inchを買う)
  • それに伴い、アプリのリリース本数3本/年を目指すことにする
  • ジョギング程度に走る

この仕事の数少ない良いところは、相模線通勤のため、着席率がほぼ100%であり、且つ混雑度も低いため車内でのコンピュータの利用に不便が無いこと。それを活かして何らかのoutputを出し、達成感を得るとしたら、ひたすらコーディングしまくるぐらいしか思いつかなかった。

コーディングの時間が確保できる代わりに、平日夜間はそれ以外のことは何も出来ないと思った方がいいし、その分週末に皺寄せが行くので、残念ながら何かをやめざるをえなくなる。そこでIrmscherに乗ることと、遠泳大会に出ることを選択したのだが、それが正しいのかどうかは今は判断できない。まあ、そのうちわかることだ。

コンピュータ関係の仕事って、最も「住みたいところに住める仕事」の筈なんだけど、なんで日本ってこうなんだろう。愚痴る暇があるならそういう仕事を自分で作れと言われそうだけど。

やっぱり

今日の横浜オフは暑かった。
5月ってこんなに暑かったっけ?

暑かったので1時間半ほどで撃沈、退散してしまった。
後から来たであろうKさん、居なくてすいません。

帰り道は渋滞もなくスムースだったが、エアコンのパワー不足は否めず、やはり暑苦しいままなんとか帰宅した。

ところで、今日聞いた話。

ポルシェ乗りの方がblogにうちのIrmscherらしきピアッツァを載せていたらしい。確かに先週末、御殿場あたりでこちらの方を興味深そうに見ている人がいたので、多分その人だろうと思って探してみたら、すぐに出てきた。

http://minkara.carview.co.jp/userid/238053/blog/26556596/

何しろピアッツァは、故名古屋章氏曰く「前はシトロエン、後ろはポルシェ。一言で言えばワーッ」という判るような判らないような形容をされたクルマなので、通じるものがあるのでしょう。

冬眠か、永眠か

Irmscherの車検が、5/19に切れる。次の車検を通さないことに決めた。

金が無いわけでもないし、クルマ自体が致命的にダメなわけでもない。異音や不快感は数多くあるし、内外装ともにかなりボロくなったが、とりあえず走れる。それなのに車検を通さないのは、簡単に言えば、2台のピアッツァにかまっていられるような時間が無くなったからだ。

今後のことは何も決めていないが、とりあえず任意保険は停止し、自動車税は払う。

車検切れを前に、駆け足のように思い出の地を巡ったIrmscherのオドメーターは、189,687kmを指している。この値はいつ増えるのか。増えることがあるのか。

クーラー仕様車化改造

保険会社から連絡があり、実はJR130が無保険状態だったことが発覚した。慌てて手続きをしたが、処理完了までは怖くて乗れない。そこでちょっとばかりIrmscherに乗って買い物に出かけてみたら、そこは送風口からひたすら熱風が出てくる灼熱地獄だった。これでは乗る気にならないので、ニッパ直伝のクーラー化改造を実施した。

bolt

ついでに、コントロールボックスのハンダも修正した。見た感じ割れていたように見えたのでつけ直したのだけど、ホントに割れていたのかどうかは定かではない。

ctrl

コントローラを操作しても一切温度が変化しなかったので、水温云々じゃなくてコントロールボックスが壊れているんじゃないかと思うのだが、どうせどちらもやる羽目になるので、一気にやってしまった。

結果的には、ちょっとだけ冷たい風が出てくるようになったけど、これじゃ夏の暑さにはかなわないだろうなあ。窓全開がデフォルトのエコ仕様車と思いこむしかなさそうだ(半開状態だとドア開閉時に窓が落ちる危険性があるので、全開か全閉にしないといけない)。

ISUZU ML第15回全国オフ

部品価格高騰攻撃や欠品攻撃にもめげず、今年もやってきたISUZU MLの全国オフ。回を重ねること遂に第15回。

IMGP2678

JR130が修理中だったので、2年続けてIrmscherでの参加になった。

IMGP2668

今回集まったいすゞ車は13台(?)。何となく古いメッキバンパー車の方がキレイなような気がしないでもない。

IMGP2849

では、また来年。

白人受けするクルマ

八王子ICから中央道に乗る。白人が運転しているちょっと古いCR-Vが、料金所の合流で、俺のIrmscherの前に少々強引に入ってきた。

やけに流れの遅い走行車線から追い越し車線に移り、CR-Vを抜きにかかると、一眼レフを握った右腕が窓を開けて出てきた。

ここはまだ八王子の市街地。こんな景色、撮ってもしょうがないだろう、と思いつつ、そのまま走り過ぎた。

CR-Vは、何時の間にか俺の背後にいた。何となく、走行車線に戻ってみた。今度はCR-Vが俺の右側から抜きにかかる。すると、またしても窓が開き、今度は助手席の女性がこちらにカメラを向けていた。

八王子JCTで俺は圏央道方向に分岐し、ほんの一瞬の異文化交流は終わった。

あの白人は、ドイツ人だったのだろうか。それともイタリア人? はたまたIMPULSEな国の人?

クーラーからヒーターへ

そろそろ秋も深まってくる頃。俺のIrmscherは、ニッパ的作業によりヒーターコアには冷却水が回らないようになっているため、エアコンではなくクーラーになっている。これをヒーターにすべく、パイプに差し込まれているボルトを抜いた。

IMG_2502ここにボルトがある

IMG_2504これが刺さっていた

誰が考えたのか知らないが、何という貧乏チューン。最低の投資で抜群の効果だ。

さて、これでギンギンには冷えなくとも、普通~暑いぐらいの温度調整はできるか、と思ったが、困ったことにひたすら暑い。しばらく諦めてそのまま走り、窓を開けることで温度調整してしのいでいたが、例のコントロールボックスがダメなんじゃないかということに気付いて交換したところ、無事に温度調整ができるようになった。外したやつは、半田が酷いことになっていたが、それは自分が直したものであった。それなら仕方がない。