Archive for 'mac'

iPhone4Sに悩まされる

iPhone4Sというのは実に悩ましい存在だ。これがiPhone5だったらほとんど悩む必要など無かったのに。

au版iPhoneが出た以上、いつまでもSoftBankのままでいるつもりは一切無く、そのうちauにMNPすることは決めている。理由は言うまでもない。

とはいえ、すぐに買う気は全く無く、契約切れのタイミングでMNPするつもりだったのだが、諸事情が重なり、何とも悩ましい事態になってしまった。

【今持っているiPhone4の状況】

  • iPhone3GSの自爆(K1100RSで西湘バイパス走行中に落下)に伴い、2010/9に大慌てで購入した
  • カメラが壊れてしまって特にマクロ時にピントがあわない。叩けばたいていの場合直るが、たまに直らない
  • バイブレーションが動作しない。これも叩けばほとんど直るが、たまに全く気付かない電話がある
  • SoftBank回線であることを除けば、上記以外の不具合、不満とも無いので、基本的には買い替え欲は無い

【悩ましい点】

  • 上記2点の故障原因は、大雨時に胸ポケットに入れていたためと思われる。AppleCare Protection Planには入っているが、水没扱いにされると修理費用22800円を取られるため、全然意味が無い。水没扱いでなければ無償で直るのだが。そこまで払うなら新しいものの方がいい
  • 叩けば直るものは、いつかそのうち叩いても直らなくなり、どうせ買い換える羽目になる(経験則)
  • iPhone4S自体がどうしても欲しいほどのものじゃないので、次(iPhone5 ?)を待ちたい気持ちもある、というかそのつもりだった
  • auのサービスがもう少し落ち着くまで様子見してからの方が良い気がする
  • とはいえ、2012/1までにauと契約しないと基本料金が500円引きにならない
  • 現時点でMNPすると違約金がかかる(auのMNP割引でほぼ相殺)

【アプリケーション開発の観点での悩ましい点】

  • アプリケーション開発者としては、iOS4とiOS5、両方の実機を持っていることが望ましいのだが、残念ながら1台しか持っていない(個人レベルではさすがにiOS3まではつきあいきれない)
  • iPod TouchまたはiPhone3Gあたりを中古で購入すれば、とりあえず実機は用意できるが、オークションでも思ったより安くない
  • もしauにMNPするなら、必然的にiPhone4Sまたはそれ以降の機械を買うことになるため、結果的にiOSデバイスが手元に2台残る。こっちの方が合理的なんじゃ?
  • OSのダウングレード手段は公式には無いので(裏技はあるらしいが)、もしauにMNPするなら、今使っているiPhoneはiOS4のままにしておいて、さっさとMNPしてしまったほうが良い。そうしないといつまで経ってもiOS5の実機が手に入らない。手持ちのiPhone4をiOS5に上げてしまうと、iOS5機を無駄に複数持つことになってしまう
  • これを言っちゃオシマイだが、そもそもアプリケーション開発なんて今後どこまで本気でやるんだ? そんなに金かけてまでやることか??

こうやって脳内堂々巡りをしているのだが、少しずつさっさとMNPする側に傾いてきている。この方向性を決めてしまわないといつまでもiOS5を使えないし、開発をするなら実機は複数台欲しい。SoftBankのダメ具合にムシャクシャするのも疲れた。

そうすると、iCloud対応のためにMac本体もLionにアップグレードしたくなるかもしれない。しかし、こっちはこっちで手持ちアプリケーションの兼ね合いでLionにできないものもあり、だったらMacも追加でもう一台買わなきゃいけないとか、これもまたきりがない。

そして俺は今、iPhoneを扱っているauショップを検索している。さてどうなるか。

XCode4は大飯食らい

MacでXCode4とChromeを同時に使うと、メモリが4GB(2GB * 2)あるにも関わらずメモリ不足が頻発してしまい、しょっちゅう硬直状態になってしまうので、メモリを8GB(4GB * 2)にした。

川崎のDOSパラで3470円。出張のホテルをラブホテルレジャーホテルにした差額で充分買える。価格の値下がり具合が凄過ぎてピンと来ない。この値段で8GB?騙されているような気分。

IMG_4229-s

俺のちょっと古いMacBook Proは、ホントはDDR3-1066を使わなきゃいけないはずだけど、上位互換のコレでも問題無い。間違いない。はず。たぶん。お願いだから動いてください。

小さいネジを10個脱着することがメンドクサイ以外は、交換は簡単。さすがに今時のメモリは相性問題なんていうものもなく、あっさり起動してくれた。

info

さてこれで快適だ、と思ったらそんなことはなく、XCode4はメモリに空きがあったらあっただけ使ってしまうらしく、ビルドしまくっていたらまたしても硬直状態になってしまった。3470円返せ!っていう気分になる。自分が仕込んだバグのせいで数時間浪費したので余計に。

そしてiPhone4

iPhone3GSがまさしく昇天してしまったので、早急に後継機を買わざるを得なくなってしまった。64GBが出るまでスルーを決め込むつもりだったのだが、そうも言っていられない。

しかし、後継機であるiPhone4は、相変わらず品不足のようだ。それならオークションで3GSの中古を、とも思ったが、これがまた異常に高い。同じモノに4万円も出す気はない。となれば、意地になってiPhone4を手に入れるしかない。

色々と調べてみると、普通のSoftBankショップや家電量販店が1〜3週間待ちが当然の最中、アップルストアに限っては常時在庫があるようだ。反面、ショップポイントもキャッシュバックも何もないのだが、今の俺にとっては即納こそ最大の価値である。これはもう行くしかない。

そこで、会社を定時で抜け出して銀座に向かった。銀座なんて滅多にこないので少々迷ったが、無事にアップルストアは見つかった。飾りっけのない店に入り、店員にiPhoneを買いたい旨を伝えると「今からだと手続きの関係上営業時間中に契約処理が終わるかどうかは保証できない。それでも待つなら構わない」とのこと。他の選択肢がないことは判っているので、待つことにした。

そして、展示品のiPhoneでモトクロスゲームをして時間をつぶすこと1時間、無事に店員に呼び出され、首尾よくiPhone4の入手に成功した。どんな店員かと思ったら、アキバのジャンク屋に居そうなニイチャンで少々がっかりした(が、対応はきちんとしていた)。機種変更なので、手続きは20分程度で終了。量販店等ではよくありげな意味不明なオプションを勧められることもなくスムースに進んだ。

こうして手に入れたiPhone4。カメラやディスプレイは確かに良いのだが、3GSユーザーだったら、わざわざ5万円を払ってまで買い替えるほどの価値は無い。パフォーマンスにはほとんど差が感じられない。3GSをオークションで売り払って差額2万円ぐらいで入手可能だとしたら、辛うじて買ってもいいかな、ぐらいな感じ。

たった3日間だったが、iPhoneが無い生活は、やっぱり微妙に不便だった。なくても死にゃしないが、あった方が明らかに便利。

空飛ぶiPhone3GS

一通りの整備を終えたK1100RS。日も暮れて涼しくなったところで試運転に出かけた。

特に目的地も無いのだが、何となく西に向かう。西湘バイパスが無料化されて以来、行く宛てもない場合は西に行くことが増えた。フロントサスの動きは、まあ普通だ。それに比べるとリヤは何となくギクシャクしているような気もするが、たぶん気にし過ぎなだけだろう。

R134はガラガラ。西湘バイパスもガラガラ。そのガラガラな道を妙にゆっくり走っていたFD3S RX-7を抜いたところで、目の前を何かが舞った。そしてその何かは、俺の左大腿部にぶつかり、そのまま転がっていった。

ふと目の前を見ると、ホルダーに固定してあったはずのiPhoneが無いではないか。

慌ててKを路肩に停め、来た方向にダッシュする。交通量はあまり無いのだが、皆無というわけでもない。ちょっと走ったところで、まず路肩にあるホルダーが見つかった。そして、何故か追い越し車線でiPhoneが見つかった。

IMG_1885

おそらく後続車に踏まれたであろうiPhoneは、液晶が割れ、ケースはひしゃげた無惨な姿になっていた。しかし、ここは自動車専用道路であり、落下物を拾ったら速やかに路上復帰しなければならない。単なる不燃ゴミになってしまったモノをトップケースに入れて退散した。

その後、大磯の壱龍で味噌ラーメンを食ったのだが、何とも味がしないラーメンだった。ラーメン自体のせいではないのは明白。

粘土細工Dock for iPhone

コンピュータ周りを整理しているうちに、机上に寝そべっているiPhoneが気になってきた。ハードケースのせいでぼってりした筐体がゴロンとしているのは美観(もクソもないが)を損ねる。

そこでDockを買おうとして調べてみたが、Dockにはあまり需要がないのだろうか。普通に売っているDockは、Apple純正ほぼ一択状態。これは何と5千円もする。たかだか置くだけの台に5千円は払いたくない。
数少ない代替品は、少々ゴツいハードケースをつけた俺のiPhoneでは使えるかどうか怪しい。ただ立てかけるだけのスタンドなら安いが、せっかく台を用意するならケーブルの抜き差しを手でやりたくない。

しゃあない、作るか。

用意するものはこれ。

IMGP1439 IMGP1441

iPod用のUSBケーブルは、100円ショップ「シルク」で売っているもの。あとは、USBケーブルを位置決めするための板切れと、それを固定する接着剤。そして粘土細工用の粘土。これだけ。

まず最初はUSBケーブルの加工。このケーブルのDock端子は、簡単に外れないようにフックがついているタイプなのだが、Dockとして使うならそんなもの不要なので、このフックを鉄ヤスリで削り落とす。気合いを入れすぎるとプラスチックの端子を削りすぎてしまう(多少は仕方ない)ので注意が必要だ。

IMGP1443

続いては、加工済みのケーブルを、接着剤で板切れに固定する。一応プラスチック用のエポキシ系接着剤を使った。

IMGP1448

あとは、この板切れ&Dock端子を囲むように、粘土で土台を作りこむだけだ。

本家Dockは凹みのある平べったい台だが、今回作るニセDockは背もたれを作ることにした。理由としては…

  • 凹みを加工するのが難しそうである
  • この端子だけでiPhoneの重みを支えられるか怪しい
  • 100円ケーブルのDock端子形状のせいで元々かなり座高が高い。それなら背もたれも作った方がバランスが良さそう
  • 昔使っていたPalm m505のクレードルがこんな感じで、何となく馴染みがある

そして、背面にケーブルを出すために、サインペンのキャップを使って裏側をU字型に削る。

あまり粘土を盛っていない段階でiPhoneを乗せてしまうと、その重みで粘土がベロンと剥がれてしまうので要注意。それなりに盛ってあれば大丈夫。

こうして完成した粘土細工Dock。使い勝手はなかなか上々だ。これなら100円ケーブルではなく純正(または互換)ケーブルを使ってもよかったかもしれない。Dockのすぐ裏側にUSB延長ケーブルのコネクターが来るのがちょっと邪魔なのだ。

dock IMGP1452

さて、これからどうするか。
そのままにするのも良し、表面を削って平滑化するのも良し、色を塗るのも良し、絵を描くのも良し。結局そのまま放置されそうな予感。

HHKB Lite2 for Mac

Happy Hacking Keyboard、略してHHKB。
なんだかCrazy Ken Band Best(CKKB)みたいな名前のキーボード。
変人が買うキーボードとして、昔から有名なやつ。
そのMac専用版が出たので、変人なワタクシは思わず買ってしまいました。たいした必然性はなくて「仕事ストレス解消目的」です。
20070211-070203_2205~0001.jpg 佇まいは良好
本体はずっとiMac G4そのまんま(そろそろ替えたい・・・)なのに、キーボードだけは3回替えていて、これが4つめ。
20070211-070203_2205~0002.jpg 先代のMacwayとの比較
ちなみにワタクシ、2じゃない方の単なるLiteは持っていて、以前はSGI Indyを改造したLinuxマシン用に使っていました。Lite2になっても、キーボードのタッチはほとんど変わりません。
率直に言って、Lite版のタッチはあんまり好みじゃないですが、その割には入力ミスが発生しづらいのが、このキーボードの不思議なところ。打ち心地だけで比べたらMacwayの方が全然上。今普通に売ってるやつだとFILCOのMajestouchが好みなんですが、Windowsマーク入りキーボードをMacに繋ぐってのは、やっぱりなんか気持ち悪くてダメ。
とりあえず暫くはこれでいきますが、機能・佇まい・打ち心地の全てを満たすものが現れたら、また乗り換えそうな気が。

さらばiPhoto2

iPhoto2っていうのは、Apple謹製の、稀代のクソアプリである。
アプリを起動するために10分。
1画面分スクロールするだけで10分。
画像を切替えるたびに10分。
スライドショー開始に10分。
SDカードからの画像読み込みに至っては30分。
たかが画像を見るだけで10分単位の時間がかかるのだ。どうやったらそんなに処理時間がかかるプログラムを組めるのか理解できない。これをクソと呼ばずに何と呼べばいいのか。毎度毎度罵倒しながら耐えていたが、デジカメで写真を撮るたびに襲ってくる10分間攻撃に遂に耐え切れなくなり、iLife ’05を、iPhoto5のためだけに買ってしまった。
しかし、普通に店で買ってしまってはAppleの利益になってしまう。こんなバグフィックスみたいな製品で儲けられてはたまったものではない。同じ情報処理産業に関わる者としてまことに許しがたい。当然ながらオークションで落札した。

4385ec68a5c9b-051125_0109~0001-small.jpg何かのバンドルに違いない

DVDを挿入すると、iDVDだのiMovieだのといった無用の長物も入れようとする。選択解除しようかとも思ったが、ディスクには余裕があるので入れてしまった。そして待つこと数10分、インストールが終わった。
再起動し、今度は10分待たされなくて済むぞ、済むに違いない、と思いながらiPhoto5を起動すると、10分どころか2時間待てと言ってきやがった。

4385ec68b6e0c-051125_0109~0002-small.jpgいい加減にしやがれ

他のことをやっているうちに2時間以上が経過していたが、全く終わる気配がない。クソッ、2から5に変えても大差無しか。馬鹿馬鹿しくなって寝てしまった。
翌朝見てみると、普通にiPhoto5は起動していた。何時間かかったのかは判らないが、とにかく終了したようだ。適当にアルバムを切替えてみると、ごく普通の速度で切り替わる。スクロールも、若干引っかかる程度で、特に不満は無い。嗚呼、数時間待った価値があったか。
というか、やっと至極当たり前のレベルに到達しただけなんですけれども。

iMac G4 HDD交換&埃取り

うちのiMac G4(通称:大福)は、使っているうちに唸りまくるようになり、ついにサーバマシン級に五月蝿くなってしまった。調べてみたところ、底にある吸気口に埃が溜まっていることが主要因らしく、それを何とかしたければ分解するしかないらしい。
車みたいな大ざっぱなモノの分解はしょっちゅうやっているけど、実は小物の分解はあまり得意ではない。PCは何度も自作したことがあるけど、元々それを前提としているものと、iMacみたいに非分解が前提なものではワケが違う。
この轟音もかなり耐え難くなってきた。しかし、わざわざ埃取りだけのために修理に出すのは馬鹿馬鹿しい。しかたがないので、自分で分解清掃することにした。
どうせ分解するなら、空き領域が殆ど無いHDDも変えるに限る。出張のついでに秋葉原に寄り、Maxtorの250GBを買ってきた。標準は80GBなので、3倍以上という贅沢空間。何に使うのかと言われても困りますけれども。
20051126-IMGP3299.jpgまずは寝かせる
20051126-IMGP3302.jpgこの埃が轟音の元
20051126-IMGP3303.jpg御開帳〜
20051126-IMGP3307.jpgHDDはDVDドライブの裏にある
20051126-IMGP3309.jpgやっとHDDを入れ替え
あとは至る所に溜まった埃を掃除して組み直すだけ。やってみたら案外簡単だった。こんな作業で工賃ウン千円ってのはボロ儲けだよなー。
さて結果。轟音はかなりおさまり、HDDが早くなったおかげで全体的なパフォーマンスも多少良くなったような。開け方は覚えたので、今度は内蔵のメモリ容量でも変えますか。

iPod買っちまった

俺はあんまりヤケ買いとか衝動買いとかをしないタイプのはずなんだけど、エンドレス残業攻撃にはさすがに参ってしまい、思わず買ってしまった。ヨドバシカメラには何故か殆ど在庫がなく、最後の1個だったらしい。
20051126-PA0_0090.JPG男は黙って最高グレード
20051126-PA0_0089.JPG伸縮FireWireケーブル
別に伸縮するかしないかなんてどうでもいいのだけど、FireWireケーブルが付属していないので仕方なく買った。Apple純正よりは安い。秋葉原に行けばもっと安いのが売っているけど、往復電車賃でパーなのでやめた。
20051126-PA0_0093.JPGカメラコネクターも買った
20051126-PA0_0092.JPGiTripも買った
カメラコネクターは、iPod購入目的の1つではあったのだけれど、よくよく考えてみれば1GBのSDカードでも買った方がよっぽど便利。俺のPENTAX OptioSは相変わらず対応一覧表に載っていないが、普通に使えた。
iTripは出力不足とチューニングの不安定さ、電力消費の多さ等を考えるとイマイチ使い物にならず、結局昔ながらのカセットアダプターを使ってカーステレオに接続するのが一番マシだった。こんな圧縮音声再生目的に使われるようでは、Alpineのカセットデッキ設計者も浮かばれない。
さて、あとは手持ちのカセットテープとレコードをひたすらデジタル化しなければならん。これだけは避けて通れない。CDよりもこっちの方が多いんだから始末が悪い。普通のアルバムはまだいいけど、ライブ盤はどうしたものか・・・

気に入らねえぞ、iPod photo

新しいiPod photoが出た。
なんだかやけに安くなった。(っていうより、前がべらぼうに高かっただけ)
と思ったら、付属品がバッサリ削られているではないか。
Docとかリモコンとかいう、廉価バージョンだと毎度削ってたモノが、上位バージョンにもついてない。
実は全然値下げじゃない。過剰装備を削っただけ。
それは仕方ないとしても、FireWireケーブルまで付いてないではないか。
そのくせしてUSB2.0ケーブルはついている。
AppleがあんなにこだわっていたFireWireを、遂にオプション扱いに格下げしたのだ。
何だよ、それ。BMWがブタ鼻グリルを止めるようなもんだぞ。
充電も同期もUSB2.0でしろと。あーそうですか。
2年前に買った俺のiMac G4は、USB1.1しかついてないんですけど。
たった2年前の製品を切り捨てですか。
5年前に売っていた黒いPowerBook G3なんて、もう記憶の片隅にもありませんか。
そうですかそうですか。自分の会社のユーザをこうもバッサリ切り捨てますか。
クソッ、ちょっと前まであれだけ拒絶していたUSB2.0にアッサリ寝返りやがって。
FireWireの方がイイとか言って、iMac G4には採用しなかったくせに。
いちいちWindowsユーザーに媚びた商売ばっかりしやがって。あー気に入らねえ。
ところで、今回のアップデートで最も気になるのは、iPod Camera Connectorとかいうケーブルなのだ。
これがあれば、たった256MしかないSDカードのバックアップをするだけのためにPowerBookを持ち歩く必要が無くなると思うと、何だか中途半端な存在だったiPod photoが、まあまあ価値があるヤツに見えてきたんだけど、果たしてこのケーブル、俺のPENTAX OptioSにも対応しているのだろうか??
Appleのサイトをうろついてみても、対応カメラ一覧なんてのは何処にもない。こういう片手落ちなところが相変わらずApple。せめてそのケーブルが世に出るまでには用意してくれ。