Archive for 'ISUZU PIAZZA'

2014年まとめ [PIAZZA]

2014年は結局1年通して何も書かずじまいだったことを反省して、元旦早々去年のまとめ。

2013/12

最早一昨年の話になってしまったが、無事に車検を通った。
ステアリング周りのガタガタや、ろくに効かないブレーキを直した。
その際、ステアリングのセンターが1段ズレた状態になっていたのだが、直そう直そうと思いつつ1年以上そのまま。

2014/2/23

横浜オフに向かう途中、笹下釜利谷道路でエンジン尺取り虫現象発生(要するにガス欠)。拙作DIGITAL CRUISINGによればまだまだガソリンは余裕があるはずなのだが、急激に燃費が悪化していたらしい。たまたま携行缶にガソリンを900cc持っていたので路上給油し、辛うじてJAFを呼ばずに済んだ。

IMG_1584 IMG_1582

ちなみにPIAZZAのガソリンタンクは58リットル。

2014/4

とっくに車検が切れているIrmscherを放置している茅ヶ崎の駐車場オーナーから、アパートを立てるので1ケ月以内に撤去せよとの指令が出た。過去最大のピンチである。

とりあえず自走可能な状態にしようと思い、充電済みバッテリーを持って出かけてみると、左前輪がパンクしていた。仕方がないので平塚のガレージオフで300円でフットポンプを購入して試してみたが、微動だにせず。このタイヤはもう諦めるしかなさそうだ。

IMG_1750 IMG_1766

数日後、知人の助けを得て駐車場を脱出した(諸事情により詳細は省略)。

IMG_1807 IMG_1813

その後のIrmscherの処遇は、結局2014年中に決められなかった。
これを決めることが2015年の最大の課題。

2014/4/19

リヤパーセルシェルフに砂を乗せてぶっ壊す自爆事件発生。

IMG_1831

2014/7

エアコンがあまりにも効かないのであづま自動車に修理に出した。
部品不足とのことで、たまたま持っていたホース類と中古エバポレータを供出した。
1ヶ月ほどかかってやっと修理完了。修理代44875円。

なお、持って行こうとしたらバッテリーが完全死亡していて、セローでコーナンまで安物バッテリーを買いに行く憂き目にあった。

IMG_2283

2014/9

せっかく修理したものの、設定温度をクーラー最強のまま変更できない状態だった。モーターだか何だかが壊れているとのことだったので自力で確認してみたところ、モーター自体は直結すれば動き、サテライトスイッチを予備に交換しても変化がないので、どこかのコントロールユニットだか何だかが壊れていると考えざるを得ない。

そのコントロールユニットは中古品がなぜか手元にあるのだが、ダッシュボードを外さないの替えられないのでめんどくさい。仕方ないので手でダイレクト操作して凌ぐことにした。

IMG_2484 IMG_2492
IMG_2494


その他のトピックスは以下の通り。

  • 年間走行距離は約700km(何だそりゃ)
  • 燃費は6km/L台まで低下してしまった
  • 結局2014年は県外に出ずに終わった
  • オドメーターは相変わらず動いたり動かなかったり
  • 電子錆防止機器Rust Busterがバッテリーをあまりにも浪費するので遂に諦めて外した
  • もはや当たり前すぎる問題点として、ハッチゲートの雨漏り、車体各部の錆は年々酷くなる一方

2015年は原点回帰して、ちょっとは錆取りする予定。

またバッテリーを買う羽目になった

夏になると稼働率が極端に下がるうちのピアッツァ。
週末の横浜オフを前に、上がってしまったバッテリーに充電器を繋いでみたものの、これっぽっちも充電されない。どうやら完全放電してしまってご臨終らしい。

仕方なく楽天で購入

またゴミが増えた

ちょっと調べてみると、前回ピアッツァに乗ったのは6/23、前回のバッテリー交換は去年の9/20。たった1ヶ月乗らないだけで、まだ買ってから1年も経っていないバッテリーを死に追いやるとは、この車の暗電流は一体どれだけあるんだろう。以前は1ヶ月ぐらいは特に問題無かった筈で、年々酷くなっている気がする。

このピアッツァにはバッテリーカットオフスイッチをつけているので、乗らないならこれで接続を切ればいいだけの話なんだけど、オドメーターが死んでしまって以降、トリップをオフにできない関係でこのカットオフスイッチは使えなかった。それも自作iPhoneアプリのおかげで解消したので、今後はきっちりオフにすることにしたい。韓国製の安物とはいえ、毎年毎年お布施のようにバッテリーを買わされるのはたまらない。

ちなみに、自作iPhoneアプリDIGITAL CRUISINGへの熱い支持は当然のように最初だけで、ここのところ毎日のダウンロード数は10前後を行ったり来たり。こんなところまでピアッツァの真似しなくてもいいのに。

よだれ防止作戦

ピアッツァの泣き所の一つ、リヤクォーターガラスのグロメット(要するにゴム)。

うちのJR130のコレは、確か錆取りしていた時に替えたものなので、既に10年以上経っている。そして、当然のように劣化していて、まるで役目を果たしていない。

よだれが垂れている

本格的な梅雨、台風が来襲する前に、やるだけやってみることにした。

うちには以前買ったグロメットのストック部品もあるが、室内保管していたにもかかわらずゴムが劣化していて、ちょっと触ったら崩れる状態。

強く持ったら崩れる

こんな耐久性の無い部品を新品で買う気にはならないので、手元にある材料で何とかしてみることにした。
(ちなみに一般的にはゴムパイプを切ったり、水道管補修用のゴムを使ったりするらしい)

同じくらいの大きさにゴム(というかスポンジ)シートを切る

古いゴムを外す

そのままだと隙間があるので…

隙間用の厚いスポンジも用意して…

無理矢理圧入して…

左右完了

当然ながら、採寸なんていうメンドクサイことはせず、全て現物合わせの作業。
後端だけなので、作業時間45分ほどで完了。

よだれは止まるのか、それとも逆に雨漏りしまくるか。次の雨が楽しみだ。

1年分の劣化に悩まされる

Irmscherの車検が切れてから1年経った。この1年間やったことは、1〜2ヶ月に一度エンジンをかけて駐車場内を前後に走る程度。ほぼ放置していたと言っていい。

クルマは乗らなければ確実に劣化する。ましてやこんな海からそう遠くない青空駐車場に、製造後25年経ったクルマを野ざらしで放置していたのだから、その状態たるや推して知るべし。

車検切れ前の状態を正確に覚えているわけではないが、確実に痛みは進行している。

ボンネットや屋根の塗装は、以前にもましてカピカピになってしまった。
あまり見覚えのない錆が幾つかある。
じんわりと減ったのか、エンジンオイルが無かったので追加した。
冷却水も無かったので追加した。
ダッシュボードの割れも本数が増えた。
リヤシート、ドライバーシートの破れはますます大きくなった。
トランクルームには蟻が大量に這っている。
運転席は相変わらず雨漏りしている。
各種プラスチック部品の劣化も進んだ。
シフトノブやカバーの革も剥がれてきた。
10年モノのタイヤはもうダメだろう。

車齢や走行距離を勘案すると、何の思い入れも無ければ間違いなくスクラップ行きの状態だ。

今まで何台かのピアッツァの「かっぱぎ」をしたけど、致命的な故障が無いことを除けば、内外装の状態は、かっぱぎしたどの個体よりも悪い気がする(が、錆取り前のJR130に比べたら遥かにまともだったりする)。

劣化したのは見た目だけではなく、中身も同じだ。エンジンをかけてみると、本来のエンジン音の他に、エキパイ付近からのシューという音が目立つ。

エンジンが止まってしまうまではいかないが、アイドリングも安定しているとは言い難い。走行できるわけでもないので、本当に調子が悪いのかどうかもよくわからない。

外見はただ単にみっともないだけなので見なかったことにすれば済む話だが、中身はそうもいかない。エンジンはたまたま判りやすい症状なのである意味助かるが、それ以外にダメなところはおそらくあるだろう。

1年前、処遇を決めずにとりあえず車検を切らした。それから1年経ったが、相変わらず何も決められていない。JR130の車検が切れたら入れ替える方向で考えていた。

しかしこの状態を見ると、2つの意味で考え込んでしまう。このクルマに2年乗るほどの価値はあるのか、そして入れ替わりにJR130を2年放置したら、これとは比較にならないほど劣化するのではないか。

ちなみに、今年はIrmscherの自動車税は払っていない。払い込み通知が届かなかったので税事務所に確認したところ、車検を取る気になったらその際に払えば良いとのことであった。

今年の冬にその税金を支払うことになるのか、それとも再度の先送りになるのか。今決める必要はないけど、そう遠くない将来に決めなければならない。

まあ、要するに廃車にする決断ができないということなのだが。

Irmscherが無くなったからといって全く困らないのだけど、単純に困る・困らないで片付けられるものでもない。

暫くは悶々とした日々が続きそうだ。

DIGITAL CRUISING いきなり熱い支持

先日リリースしたアプリDIGITAL CRUISINGのダウンロード数が、予想を遥かに超える数で推移している。

全く宣伝していないにもかかわらず、このダウンロード数。今まで1日20〜30前後で堅調にダウンロードされていたSwim Note、1ヶ月に1本(笑)程度のPIAZZA Databaseを軽々と凌駕している。

国別で見てみると、辛うじて日本がトップなのだが、それに続くのはどういうわけかトルコ。次いで仏・英・米・豪・伊等が並ぶ。居並ぶ先進国や十時野郎の母国はいいとして、どうしてトルコなんだ???

その割には海外からのコメントが全くついていないのも気になる。最初に出てくるダイアログに面食らって使うのを放棄したのか、テキトーな英語が通じなかったのか、使い方の想像がつかなかったのか、そもそも何かの勘違いをしてダウンロードしてしまったのか、想像は尽きない。

これだけダウンロードされる理由など知る由もないが、スピードメーターというものには一定の需要があるのかもしれない。まさか俺のピアッツァと同じくオドメーターや燃料計が壊れた車が同じように多数あるとも考えにくい。要するに、さっぱり判らん。

とりあえず今後のダウンロード数を見守りたいが、こんなものがここまでダウンロードされるなら、広告ぐらい付けておけばよかったかと少しだけ思ったりする。

ちなみに「いきなり熱い支持」というのは、いすゞが1981年に出したピアッツァの新聞広告の文句。最初だけは熱い支持だったものの、その後支持率は急降下して10年にわたり低空飛行を続けたのは言うまでもありません。そしてこのアプリもそうなる気がして仕方がありません。

DIGITAL CRUISING for iPhone

久しぶりの新作iPhoneアプリ、DIGITAL CRUISINGをリリースしました。
GPSを利用したスピードメーター、オドメーター、燃料管理用アプリです。

Download from App Store

判る人が見ればすぐ判るでしょうし、名前でピンとくる人もいるかもしれませんが、初期型ピアッツァのデジタルメーターを再現したアプリです。

(そして、AppStoreのアプリ紹介には意図的に何も書いていません。その反面、AppStore用キャプチャにはネタが仕込んであります。暇な人は探してみてください)

こんなものを作ったきっかけは…

  • 自分のピアッツァのオドメーターが壊れて、何km走ったのかわからなくなった
  • 燃料計もとっくに壊れていて、ガス欠の憂き目にあった
  • 唯一生きているトリップメーターも、バッテリー上がり等でしょっちゅうリセットされてしまう(ピアッツァのメーターは、トリップだけデジタルで、オドメーターはアナログ。しかもこのトリップは通電されなくなると初期化される)

というわけで、一見おふざけにしか見えないアプリではありますが、自分としてはの実用本位であり、どうしても必要だったアプリです。

そういう意味ではピアッツァのデジパネに似せる必要などこれっぽっちも無かったわけですが、せっかく作るんだから面白いものにした方がいいので、楽しんでやっているうちにこんなものになりました。

知っている人しか判らない「OK」もちゃんとアニメーションしますし、始動時のメーターの動きも、それなりに似せて作りました。ついでに言うと、ENGINE STARTボタンで鳴るエンジン始動音は自分のピアッツァの音だったりします。

左下の時計等を表示している部分はピアッツァXE、XESに用意されているマルチドライブモニタ、右下のオーディオは愛用のALPINE 7618Jを模しています。これらも含め、完全に自分仕様なアプリです。

このアプリも、基本的には東海道線での通勤中に作りました。仕事でのプログラミングとは異なり、自分で好きなものを好きなように作れて、それを(欲しい人がいるかどうかはともかく)世界に向けて公開できるということは、非常に楽しいものです。

細かいことを言えば、やりたいことも、やれることもまだまだたくさんあるのですが、きりがないのでこのへんで一旦リリースすることにしました。

というわけで、面白半分でダウンロードして笑うもよし、実用的に使うもよし、楽しんでいただければ幸いです。

またしてもガス欠

さっさと仕事を終えてプールに行こうとしたところ、ガス欠でおじゃん。

前回の給油でケチって1000円分しか入れなかった俺も悪いが、それからたった35kmしか走ってないのに空っぽになるのも困りものだ。つうかガソリンメーターが動いてればこんなことにはならないんだけど。

終業後の工業地帯なので他人の邪魔にならないのが救いだが、冬場のJAF待ち40分は実に長い。前にやらかしたのも確か1月。なぜよりによって冬ばかりなんだか。

20130111-194555.jpg

暫くして訪れたJAFに助けられて無事に復活した。

20130112-011600.jpg エルフに救われるピアッツァ

ガソリン10Lで1500円というのは、このご時世にしては良心的な値段だ。しかもクレジットカードが使える。えらいぞJAF。

その後、例によって「この車は何年式ですか?」みたいな会話になる。1984年式なので、えーと、もう30年ですね、なんていうことを話していて、やっと今年でこの車が30歳を迎えることに気付いた。そのうち俺が乗った(持っていた)のは、1999年からなので14年。まだ車齢の半分まで行かないのか。

JR130ピアッツァ バッテリー交換

修理を終えて戻ってきたピアッツァ。
油断していたらバッテリーが上がってしまった。

いつものように充電器を接続して暫く放置したのだが、充電状況を示すインジケーターが何時まで経っても点灯しない。どうやら本格的に放電しきってしまったらしい。急速充電してみると、一応充電行為はしたようだが、キーを捻ってもセルがグイッと半回転する程度で、まるでエンジンがかかる気配がない。

自分的にはそれほど放置した印象は無いのだが、今回のバッテリーは5月に装着した3000円の再生バッテリーである。要するに中古品なので、寿命に関しては短くて当然。とはいえ、購入後まだ3ヶ月で、1回目の再充電時点で再生困難に陥るとは、ちょっと短過ぎやしないか?

名匠に暗電流の原因として指摘されていた「オーディオまたはルームランプ」のヒューズをいずれも繋いでいたことが主因ではあるが、だからといって指摘以前に比べて暗電流が増えている、なんていうことも考えにくいので、やはりバッテリー自体が根性無しだったと考えざるを得ない。

ダメになってしまったのもはしょうがない。潔く諦めてバッテリーを買い換える。今度は再生バッテリーではなく新品にする。ネットで送料込み6000円。再生品の倍の値段だが、寿命は3倍以上あるだろうからコストパフォーマンス的には新品のほうが良いだろう。

いつも頼んでいる安物のATLAS製品は、いつもの80D23Lから性能UPされて90D23Lになっていた。同じ値段で性能が良くなるなら文句はない。

バッテリー換装後、当たり前のようにエンジンは一発始動。早速ルームランプのヒューズを抜いたのは言うまでもない。そしてルームランプの代わりに100円ショップのLEDランタンが置かれたのであった。

交換時の走行距離数:不明(メーター不動のため)

これで直った…はず

梅雨の最中にピアッツァを修理に出してから約1ヶ月。
エアコンが効かないピアッツァには少々厳しい時期になり、ようやく戻ってきた。

名匠曰く「雨が降るとエンジンがかからない」原因は、どうやらディストリビュータとプラグコードの接触だったようだ。プラグコード差込口のあたりから高湿度で発生した水滴が入っているのではないかとのこと。

コーキング剤てんこ盛り

その他、

腐った(らしい)ヘッドライトの配線はバイパス手術を施され
弱りきったワイパーモーターはブラシを交換され
暗電流の原因らしいルームランプはヒューズを抜かれ
テキトーに取り付けられていたバッテリーターミナルは交換され

さらに何故かオマケでボールペンがついて帰ってきた(忘れていただけ)。

頼んでもいないのに暗電流対策をしてくれたり、(雨の日は動けないばかりに)駄目になっていることすら忘れていたワイパーモーターの修理をやってくれるのあたりは、さすが名匠だ。

ちなみにワイパーモーターの部品は、その昔修理したサニーの部品の品番を控えてあったので、それを使って入手したとのこと。

さて、問題は修理代。しかし、費用の算出すらできておらず「そのうちご自宅に請求書送りますから・・・」ときた。修理の腕はいいのに商売っ気がない。これもまた名匠らしい。

そして届いた請求書によると、請求金額は26,040円。思いのほか安く上がった。

こうしてピアッツァは無事に手元に戻ってきたのだが、この時期は「雨中を窓を閉めて、効きもしないエアコンをつけたピアッツァに乗る」なんていう暑苦しい行為を自然と避けてしまっているため、本当に直ったのかどうかは未だ確認できていない。

やめること、はじめること

今年から仕事の関係で東京の西部にある某社の工場まで通勤している。

湘南エリアから東京や埼玉の西側という場所は極めて遠く、どういう経路で行っても通勤に片道2時間半かかる。これはちょっと長過ぎる。1ヶ月限定とかならともかく、半年以上続くとなると考えものだ。この世に無駄なものは沢山あるけど、通勤時間なんてその最たるもの。

とはいえ、残念ながら我々の仕事はこの手のことは当たり前に発生してしまうので、起業でもしない限りいつまでたっても繰り返される。こういうことも含めて前向きに捉えないと精神的におかしくなる。そこで、何かをやめて、その代わり何かを始めることにした。

やめること

  • 週2〜3回プールに行くことをやめる(というか平日は行けない)
  • ここ2年出ていた遠泳大会への出場は諦める(成績が落ちるのが見え見えなため)
  • Irmscherの車検を通すことをやめる(乗れるということは直すことを伴うが、その時間が無さそうなため)
  • プロ野球のテレビ観戦をやめる
  • TOEICの受験(何年か続けて800点台取ったのでもういい。点が上がっても喋れるわけじゃないし)
  • K1100RSの存在は秋まで忘れる(前からそうだっただろうというツッコミは受け付けません)

はじめること

  • 通勤中にコーディングをする(そのためにMacBook Air 11inchを買う)
  • それに伴い、アプリのリリース本数3本/年を目指すことにする
  • ジョギング程度に走る

この仕事の数少ない良いところは、相模線通勤のため、着席率がほぼ100%であり、且つ混雑度も低いため車内でのコンピュータの利用に不便が無いこと。それを活かして何らかのoutputを出し、達成感を得るとしたら、ひたすらコーディングしまくるぐらいしか思いつかなかった。

コーディングの時間が確保できる代わりに、平日夜間はそれ以外のことは何も出来ないと思った方がいいし、その分週末に皺寄せが行くので、残念ながら何かをやめざるをえなくなる。そこでIrmscherに乗ることと、遠泳大会に出ることを選択したのだが、それが正しいのかどうかは今は判断できない。まあ、そのうちわかることだ。

コンピュータ関係の仕事って、最も「住みたいところに住める仕事」の筈なんだけど、なんで日本ってこうなんだろう。愚痴る暇があるならそういう仕事を自分で作れと言われそうだけど。