Archive for 'YAMAHA TDM 850'

ドナドナTDM

7年ほど前に入手したTDMの譲渡先が決まり、新オーナーに引き取られていった。

ものすごく愛着があったバイクだというわけではないが、何といっても初めて本州の外を走ったバイクだ。毎度の事ながら、他人が乗って走り去る姿を見送るのは、なんとなく寂しい。

質実剛健という言葉がピッタリな、道具としては実に優れたバイクであった。入手時点で33,000kmオーバーだったが、保管状態や環境が良かったわけでもないにもかかわらず、消耗品以外はほぼ無交換で済んだ(ヤマハの場合はレギュレータも半ば消耗品みたいなものだし・・・)。よくよく考えてみれば大小規模あわせて3回コケているのだが、走れなくなるような壊れ方をしたことがない。

ロングツーリングの道具として割り切るなら、K1100RSよりも扱いやすくていいバイクだった。

ただ、バイクというものは、道具でもあり、嗜好品でもある。むしろ後者の要素の方が強い。見かけだとかフィーリングだとか、何とも表現しづらいものも含めてトータルで考えた場合、K1100RSの方が気に入っているため、TDMを持ち続けることは諦めた。

年頭の時点で原チャリも含めて5台あったバイクは、春先にエンジン焼き付きで廃車にしたリード90とTDM850が無くなったことで3台になった。そう遠くない将来にもう1台減り、残るは2台になる予定だが、リードに代わる原付2種のスクーターを買うべきかどうかが実に悩ましい。徐々にスクーターが無いことに慣れてきてしまい、セローがあれば充分な気がしないでもないが、スクーターの気楽さもまた捨てがたい。

九州レポート

とりあえず、生きて帰ってきました。

写真&レポートはこちら。

しゃとる おおいた

4633510ebb2b6-070427_2243~0001-small.jpg
4633510eceb38-070428_1215~0001-small.jpg

今回乗るフェリーは、シャトルハイウェイラインという会社の「しゃとる おおいた」です。
そもそも会社自体が出来てまだ3年という新興会社ですが、あんまり潤沢な資金があるわけではなさそうで、船自体は中古です。感覚的には就航25年くらいの感じで、北海道航路と比べると、古さが際立ちます。
バイク置き場は船の最深部で、辿り着くだけで冷や汗もの。最深部だけにエントランスまで階段を五階分ぐらい上がる羽目になります。
風呂は狭い上にお湯の温度調節が大変。湯船は超高温。長湯するなというメッセージでしょう。
休憩所らしき場所が2箇所しか無く、どちらも喫煙可能。
売店もショボい。トラック運ちゃんが白波が無いことで騒いでいたりします。
売店とレストランは交互にオープンします。おそらく店員が兼務なのでしょう。
二等寝台のベッドは、まあまあ快適でした。
本来23:10出航のはずなのに、1時間以上遅れて出航したこの船は、まだ大分に着きません。今日は大分の健康ランドに泊まる予定。

久里浜出航

46320170a25ea-070427_2214~0001-small.jpg
46320170b375c-070427_2233~0001-small.jpg

やってぎましたゴールデンウイーク。これから久里浜を出航し、大分に向かいます。22時間の暇な船旅です。
さすがに連休前夜だけあって、久里浜港の待機エリアはバイクだらけです。
このうち何台かと、九州のどこかで再会することでしょう。

TDM850 フロントブレーキオイル交換

九州行きも決まったので、前からダメダメだったフロントブレーキをどうにかせざるを得なくなってしまいました。
最初からダメだったわけじゃなくて、北海道で3,000kmほど走っている間に、徐々にタッチがユルユル且つスポンジーになってしまったのです。全く効かない訳じゃないのでほっぽらかしていたものの、さすがにこれでロングツーリングに行く気にはなれません。
最低限の部品(ダイヤフラム、ネジ、ブレーキオイル)は買ってあったので、あとはやるだけ。とりあえずパッドの残量はあるので、オイル交換だけ。
20070304-070304_1423~0001.jpg 汚ねぇ&少ねぇ
20070304-070304_1445~0001.jpg やっぱり汚ねぇ
20070304-070304_1447~0001.jpg 買ってあった部品
20070304-070304_1446~0001.jpg 入れ替え注入完了
さて、これでちょっとはマシになったか・・・と思いきや、大して変化なし。あちゃー、これはホースも替えろってことか?なんて考えつつ、ダイヤル類を調整してレバーの位置をいじくってみたところ、だいぶマシにはなりました。今ひとつスッキリしませんが。

初ゴケ

連休の中日、非常に天気が良かったので、富士山方面にツーリングに行くことにした。
思いつきで決めたので、時間的にはかなり出遅れていたため、贅沢ルート(東名高速)を使ってしまった。
20061016-IMGP6366.jpg 足柄SA到着
20061016-IMGP6363.jpg ハンバーグハヤシライス
ここのハヤシライスは案外美味い。量が多くて飽きてくるのが問題。
連休ということもあって、御殿場IC近辺はアウトレット渋滞が激しい。それを抜けたら空くと思ったら、今度は富士山or富士五湖渋滞が発生。当然のようにすり抜けていると、R138とR246の交差点のそばで、事件発生。ちょっと前にいたジャガーのドアがいきなり開いた。
たいしたスピードも出していなかったので何とか回避できたものの、ブレーキングをミスって、立ちゴケ同然の状態で転倒してしまった。辛うじてジャガーとはぶつかることはなかったものの、TDMはちょっとだけ壊れてしまった。人間も少しだけ壊れた。
20061016-IMGP6370.jpg 破損物一式
これだけで済むあたりはさすがツーリングバイク。
その後はジャガーに乗っていた爺さんとの示談交渉。部品代は計3000円と仮定し、過失割合は半々ということで話がまとまる。一応呼んだ警察のオッサン(事故が多いらしく、非常に機嫌が悪い)によると、富士山五合目あたりは激混みだそう。この先どうするか迷う。とりあえず壊れたところを直すために、ホームセンターへ。
20061016-IMGP6371.jpg カインズホーム御殿場店
20061016-IMGP6374.jpg ウインカー修理完了
20061016-IMGP6375.jpg ブレーキレバー修理完了
ここまでやったものの、目の前のR246の渋滞は酷く、そして時間はもう4時。さすがに富士山に行く気力は萎えてしまい、行きとは別の贅沢ルートで帰ることにした。
20061016-IMGP6377.jpg 富士山(箱根スカイラインより)
20061016-IMGP6386.jpg 沼津方面の夜景(芦ノ湖スカイラインより)
各スカイラインはガラガラだったものの、箱根新道は3/4以上渋滞。バイクじゃなかったら何時間かかったか判ったもんじゃない。西湘バイパス&R134も当然ながら渋滞。
TDMでの初ゴケ&大渋滞でさすがに疲れた。三連休は、滅茶苦茶遠くに行くか、すぐそこらへんで過ごすか、どっちかにした方がよっぽどましだと再認識しました。

Return from Hokkaido

本日午前5時過ぎ、無事帰還しました。総走行距離は3359kmでした。旅程はこんな感じ。
1日目:自宅〜(横新・三京・関越)〜新潟〜(新日本海フェリー)〜小樽
2日目:小樽〜留萌〜サロベツ原野〜稚内森林公園キャンプ場
3日目:稚内〜宗谷丘陵〜宗谷岬〜サロマ湖〜網走・呼人浦キャンプ場
4日目:網走〜知床〜野付半島〜尾岱沼キャンプ場
5日目:尾岱沼〜開陽台〜摩周〜阿寒〜オンネトー〜別海キャンプ場
6日目:別海〜根室〜納沙布〜霧多布〜厚岸〜釧路健康センター
7日目:釧路〜釧路湿原〜再び釧路〜十勝三股〜層雲峡〜旭川健康ランド
8日目:旭川〜美瑛〜吹上温泉〜富良野〜苫小牧〜(太平洋フェリー)〜仙台
9日目:仙台〜松島〜仙台〜自宅
初北海道なので、定番どころをてんこ盛りにした結果、観光バス的な名所巡りツアーになりました。もし次回があれば、どこかポイントを決めてのんびり回りたいところ。5日目以降雨が多くなり、キャンプが面倒になって健康ランドになってしまいました。キャンプより楽でいいです。
20060904-060827_1030~0001.jpg 宗谷岬にて
20060904-060903_2131~0001.jpg やっと40,000km突破
会社の人からは「まあゆっくり休んで」とか言われたわけですが、休むどころか滅茶苦茶疲れましたよ。仕事なんかしている場合じゃないです。

Go to Hokkaido

8/25から9日間、北海道ツーリングに行ってきます。行きは新潟〜小樽、帰りは苫小牧〜仙台のフェリーを使います。若干出遅れたせいで、大洗便はとっくに満席でした。
6年ぐらい前に行こうとした時は、K100RSが不調で断念。2年前も諸事情あって断念。こんな感じでイマイチ相性が良くなかった北海道、今年はようやく行けそうです。
44ebd9e7037da-060823_0739~0002.jpg というわけで地図も本も2004年版
…と思ったら通販で買ったサイドバッグが不良品だったり、長年使っていたコンロが壊れたり、色々ありましたが、何とか回避できました。
とりあえず、うちから300km以上離れた新潟フェリーターミナルに朝9時に着くというのが最初の関門。その後はどうにでもなるでしょう。
ちなみに、会社は強引に休みを取りました。後はどうなっても知らん。

無理矢理トップケース

ロングツーリングに備えて、Lead 90につけていたトップケースを無理矢理つけてみました。
20060824-case.jpg 案外似合う?
もしこれが使えるとしたら、Giviとかの高いやつを買うのが馬鹿馬鹿しくなりますが、いつネジが外れて走っているうちに落っこちて転がるんじゃないか、とか想像すると、非常に心臓に悪いです。

放置しすぎたらしい

TDMを買ってから2年以上経つというのに、バイクに乗るなら当然のメンテナンスであるオイル交換とプラグ交換をほっぽらかしておりました。
意を決してやってみると、凄いモノが出てきました。
20060823-PA0_0042.JPG 安物Napsオイル
20060823-PA0_0031.JPG 真っ黒!
20060823-PA0_0030.JPG じょうごが小さすぎた
20060823-PA0_0041.JPG これも真っ黒!
これらを換えると、始動性も、アイドリングも、エンジンフィールも見違えるように改善。まあこんだけ真っ黒だと良くなって当たり前。すいません、いくら何でも放置しすぎました。