Archive for 'Motorcycle life'

LS2で走ってみた

サウンドヘルメット化したLS2で走ってみた。

まずはセローに乗って昼間の海沿いを走る。

新品シールドのクリアーさと、5月のさわやかな気候が心地良い。
風切り音はそれなりにする。まあジェットだからね・・・
以前使っていたY’s GEARのものより、若干耳障りなガサガサした音質。

シールドの開け閉めは、まだ全然使い込んでいないせいか動きが重く、やりづらい。これは時間が解決するかもしれないし、構造的にこんなものなのかもしれない。
シールド両端に縦に走っているモールドラインが目障りだ。こういうところはやはり安物か。

そして期待のインナーバイザー。出し入れ操作もしやすく、なかなかの好印象。但し1つ問題がある。俺はコンピュータ関連の仕事をしている割には何故か視力だけは良く、且つサングラスでさえ苦手な体質なのだ。そのため、インナーバイザー自体が目障りというか、目が疲れてしまう。それでも、そのまま走っている間にそこそこ慣れてしまった。

ヘルメットの重量は、Y’s GEARよりは多少軽いのだが、ちょっと走っただけではその違いを感じることは出来なかった。

続いては、K1100RSで夜の西湘バイパスを走ってみた。

それなりのスピードを出さない限り、風切り音は大きくならず、iPodから流しているBGMはきちんと聞き取れる。まあ、これはK1100RSのカウルによりもたらされるものであって、どんなヘルメットでも同じようなものだろう。

ヘルメット内(要するに顔面)への風の巻き込みは、LS2の方が若干多いような気がする。Y’s GEARよりシールドが少しだけ小さいので当然か。

ベンチレーションの効果は、正直よく判らない。もっと暑かったり、寒かったりした方が判りやすい気がする。そもそもこの製品はベンチレーションをどうのこうのと言うようなものではないので、最初から気にしていない。

試しに(勿論危険度が低そうなところで)インナーバイザーを降ろしてみたが、暗くなるだけで何の意味もなかった。

こうして、ヘルメットを試すという名目のプチ走行はおしまい。風切り音なんかより、K1100RSのミッションあたりから聞こえるカタカタコトコト音の方が気になった。諦めてディーラーに出さないと駄目か。

そして翌日、セローで買い物に行って気付いたのだが、メットホルダーに装着するためのDリングがついていなかった。こんなところでコストダウンしなくてもいいのに。

LS2をサウンドヘルメットにした

買ったばかりのLS2を早速サウンドヘルメット化した。
スピーカーとして使うのは、超定番、100円ショップのヘッドホン。

IMG_3723

まず最初に、素の状態で音が普通に出ることを確認してから作業を始める。100円だけにこの確認は必須だ。ここで音が出ないとお話にならない。音出し確認終了後、まずはヘッドホンのスピーカー部を外す。この手のヘッドホンは、プラスチックの爪で固定しているだけの場合がほとんどなので、ちょっと強引に捻ると外れる。

このヘッドホンは、左右のスピーカー部から直接ケーブルが出ているタイプではなく、片方からまとまって出ている。そのため、左右スピーカーを繋げるケーブルがアーム内を通っているのだが、これがうまく外れない。色々いじっているうちに、細いケーブルのハンダ付け部がもぎれてしまい、結果的にスピーカーに繋がっているケーブルをハンダ付けする羽目になってしまった。

IMG_3729

スピーカーは、スピーカーユニット本体と、それをヘッドホンに固定し、且つスピーカーユニットをマウントしているブラケットが組み合わさった状態で外れる。まずはブラケット丸ごとの状態で、そのままヘルメットに装着してみる。

LS2には、元々それ用の凹みがあるため、そこにブラケット+スピーカーを仮にはめ込んでみる。この状態だと、ブラケットの分はみ出てしまい、ヘルメット内の空間が小さくなってしまう。試しにかぶってみると、案の定耳が干渉して痛い。

仕方がないので、ブラケットを分解し、スピーカーユニットだけを凹みに埋め込む。先ほどまでは凹みに乗っかるような状態だったが、今度は完全に凹みに収まった状態になる。そこに、もともと装着されていたスポンジを乗せる。これでかぶってみると、今度は特に問題ないようだ。少しだけ耳がスポンジに当たるが、この程度は仕方がない。

IMG_3798

あとは、ケーブル類をヘルメット内装の裏側に適当にクシャクシャにまとめておいて、作業完了(几帳面な人はクシャクシャじゃなくてきちんとまとめるのでしょう)。

実際にバイクに乗って使ってみると、前に使っていたヘッドホンに比べて音質が悪い。エージングで多少マシになるのかもしれないが、100円ヘッドホンにそこまで求めるのは酷か。といっても前のやつは99円なんだけど。

MHR LS2 Freeway

今使っているY’s GEARのヘルメットは、買ってから既に7年が経過した。ヘルメットにまつわる都市伝説に従うとすれば、既に寿命の3廻り目に入っている。

4年前に換えたシールドは、東北や北海道で数々の甲虫類がぶつかったせいで、傷だらけで見づらい。寿命云々は置いておいて、シールドはとりあえずどうにかしたい。

シールドを買うぐらいなら、そろそろ丸ごと買い換えるか・・・と何となく思っていた(ただ思っていただけ)時に、10%引きセールをやっていたNAP’Sに行ってしまったのが運の尽き。たまたま置いてあったMHRのLS2 Freewayというジェットヘルが目についてしまった。

カッコは今風で、可もなく不可もなくといったところ。サングラス代わりのインナーバイザーがついているのがいい。手にとって見てみると、内部にヘッドホンを仕込むための凹みがあったり、差し込むだけでいいバックルだったり、他にも色々と今風なところがある。試しにかぶってみたら、Mサイズが見事にジャストフィット。Lサイズ以上は帽体が違うらしく、二回り大きくて、ちょっとカッコ悪い。

定価16,000円がセール価格で12,800円、しかもさらにそこから10%引きで、オマケにスペアのインナーバイザー付き。普通のシールドならもっと良かったのに。MHRはマイナーなメーカーだが、まるで実績がないメーカーというわけでもない。ヘルメット(に限らずバイク用品ほとんど)に関しては無宗教なので、メーカーはどこだっていいし、逆にマイナーな方が好ましい。

ほぼ買う気になってしまったのだが、先人の評価を確認するべくネットを探してみたところ、まだ発売されたばかりのようで、まるでレビューがない。気になるのは風切り音と、インナーバイザーがちゃんと機能するのかの2点だが、これは人柱になるしかないのか。

店内をうろうろしながら迷い続けたが、最後まで人柱になる勇気が出ず、後ろ髪をひかれながら帰宅してしまった。しかし、やはり気になってしまってNAP’SのWebサイトを見てみると、店頭と同じ価格で売っていた。またしても悩む。他店のサイトを見てみると、安くてもせいぜい14,400円。NAP’Sのセール価格が輝いて見えてしまう。これはまずい。ヘルメットとシールドは消耗品、どうせいつかそのうち買うのだ。だったら今買ってしまえ。悪魔の囁きは少しずつ大きくなり…

h2 h3

やってしまった。

昨日届いたのだが、このところ雨続きなのでまだ試していない。

バイク専用Gパン

昨年立て続けに2回もコケてしまってから、若干ながら転倒恐怖症気味になってしまった。歳も歳なので打撲した膝の治りも芳しくない。さすがに下半身無防備のままバイクに乗るのは極力避けた方がいいように思えてきたので、今まで目もくれなかったライディングパンツなんてものを買った方がいいんじゃないかという気がしてきた。

連休のはじめだけNAP’Sが10%オフなんて言っているので、とりあえず見るだけ見てみようということで、ノコノコと出かけてしまった。

店内には色々なライディングパンツが並んではいるが、元々積極的に買いたかったものでもないので、どれもなんだかピンとこない。手に取ってみては、うーん、と考え込んで戻す。それを何度も繰り返してしまう。

ごく普通のナイロンのライディングパンツは、当たり前ではあるのだがカッコがあまりにも専用品なので、なんだか気後れしてしまう。尻ポケットが無い時点で、何やら遠い世界の代物に思える。

もうちょっと気軽に履けそうなスタイルのものも多少はあるけど、そういうやつはプロテクションがショボい。硬ければいいっていうわけじゃないだろうけど、ペラペラなウレタンのプロテクターはあまり信用できない。コケた直後なだけに余計に気になる。

素材がメッシュのタイプは、セローだったらいいだろうけど、タンクが猛烈に熱くなるK1100RSだと、逆に暑くて駄目なんじゃないかという気がする(そもそも夏場はあまりKには乗らないが)。だからといって、これを履いてセローに乗るのもなんだか違うような気がする。

やはり究極は革パンなのかもしれないが、度重なる出張で体重が前月比5%増の状態では、革製品を買う気になれないし、これでセローに乗るのはやっぱり変。

買い物に来たのに、なんだか金を払いたくない理由を探しているような気分になってしまった。そんなときにたまたま目に入ったのが、ハードプロテクター(ニーシンガード)を内蔵したGパンであった。

おお、これは悪くないんじゃないのか? これなら、普段そのへんを走るのも違和感がない。

早速試着してみる。プロテクターの位置は上下に調整可能なので、短足な俺でも問題ない。残念ながら若干ウエストがキツいのだが、今は太っているから仕方があるまい。夏に向けてちょっとは痩せるだろう。さっきまでの革パンに対する反応と正反対だ。

ほとんど買う気になっていたのだが、とりあえず一旦棚に戻し、店内をうろつきながら考える。15分ほどうろついたが、迷う理由が無かったのと、10%オフに後押しされて買ってしまった。実は通販ならもう少し安い店もあったのだが、まあいいや。

pants

翌日、辻堂のMr.Maxにあるリフォーム屋で裾上げをした(735円)。そして実際に履いてセローに乗ってみた。プロテクターの位置は、思ったより下にしておかないと、いざ乗ったときに違和感が出てしまう。そうすると、普段歩くときに若干邪魔くさくなる。これに関しては、この製品だろうと、普通のライディングパンツだろうと同じだろうから、宿命だとして諦める。それ以外は、相変わらずウエストがきつい以外は全く問題ない。

その後、プチツーリング、買い物、プールへの往復とフル活用している。何時になったらウエストが適性サイズになるのだろうか(逆に1サイズ上を買い直す羽目になったりして)。

iPhoneツーリング仕様

iPhoneをツーリング仕様にしてみた。
要するに地図アプリとGPSロガーアプリを入れただけなんだけど。

これまでにも地図アプリやナビアプリはあったが、ほとんどが地図データ自体は持っておらず、随時オンラインでダウンロードするものだった。SoftBankの電波が日本全国あらゆるところで届くなら問題ないが、SoftBankはおろか、DoCoMoでさえ北海道でそんなことが期待できるわけがない。

そこで、地図データを独自で持つアプリが出るまで待っていたら、ようやくnavicoというものが出てきた。

6000円というのはiPhoneアプリとしては少々勇気の要る値段ではあるが、地図ソフトというものは元来それなりに値が張るもの。ツーリングマップルを全国分買ったら1万円ぐらいはかかるのだ。これは必要経費として割り切るべきだ。

また、iOS4になったことでマルチタスクが可能になり、GPSロガーとして使えるようになった。今までもGPSログを取得するアプリケーションはあったが、マルチタスクではないため、何か他のことをした瞬間にロギングが止まってしまい、GPSロガーとしては役割を果たせないものだった。それがiOS4化とアプリ側の対応によって可能になった。

GPSログ取得アプリは多数あるが、Free版を試した後、MotionX GPS(350円)というものを買ってみた。Free版は、ログが1本しか保存できないので、ロングツーリングでは使えない(都度自分のメールアドレスに送ればいいのだけど、面倒だ)。

今まではEMOBILEのTouch DiamondというWindows Mobile機にSuper Mapple DigitalとWMMiniGPSを入れて同じことをやっていたのだが、この面に関して言えばようやく追いついたと言える。

Touch Diamondは少々不安定で、突然固まってしまってログが途切れたりすることがロングツーリング中に何度か発生するのだが、iPhoneではどうだろうか。
また、各アプリの操作性の悪さは、さすがWindows Mobileというべきか。どちらのソフトも、動けばいいだろ、というレベル。これら2点に関して、iPhoneの方が優位なら、iPhoneに一本化する価値がある。

これらのアプリを使って箱根と富士山方面に行ってきた。
道自体は頭の中に入っているので、ナビとしては使っていない。
ただ、渋滞等で適当な脇道に逃げ込んだりした際に、現在地の確認と、この先どこに繋がるのかを確認するために重宝した。というか、自分的にはこういう使い方がメインになる。

以下、使用感など。

■navico

  • 地図データに関しては、地図に徹しているTouch DiamondのSuper Mapple Digitalの方が細かい(どちらもデータ提供元はMappleのはずなんだけど)。普通に走る分には問題ないと思うが、変なところに行くときはどうなのだろうか。
  • アプリの問題ではないが、ハードウェアキーがないため、走行中に縮尺の拡大・縮小ができないのが困る。
  • そのままだとよく落ちるのだが、自動輝度調整をオフにすると落ちなくなった(2ch情報より)。
  • 抜け道が水色で点滅表示されている。うざいのだが、意外と使える。富士吉田~山中湖の渋滞回避に貢献した。しかし渋滞回避で忍野八海(観光地なので人が多い)を通るのはどうかと。
  • ナビ機能は正直言って全然要らない・・・というかそもそもナビに道を指示されるのは大嫌いなのだが、例えば新潟でフェリー乗り場を探す等、単に目的地に着きたいケースでは使えるかもしれない。
  • ナビゲーションは、それなりにまともなルートが出てくる。リルートもまあまあ速い。まあ、多分使わないけど。
  • iPodで流している曲名が出てくるのと、コントローラーがあるのは地味に便利(市街地等で暇な時は聞きながら走っている)。
  • 使用中にメールが届いたりすると、地図が見えなくなってしまう。走行中だとどうにもならないので困る。

■MotionX GPS

  • GPSの精度は、Touch Diamondと大差ない。少なくともどの道を通ってきたかは判るので、これで充分。
  • ログはメールで送信したり、Twitter等で共有できるらしい。操作も簡単。
  • その場で地図と重ねて見たりできるのが便利。
  • マルチタスク状況下でのログ取得は、今回試した範囲では特に問題無かった。
  • 操作系の仰々しさは米国製なので仕方がない。
  • 機能はなかなか充実しているが、たぶん使わないであろう機能が多数ある。

どちらのアプリにも共通している問題として、非常にバッテリーを食う。
バイクに乗せている時はシガーソケットから常時給電しているので問題ないが、バイクから降りたときにアプリが起動したままだとかなり減る。
それだけならまだ良いのだが、どういうわけか、これらのアプリをマルチタスクからも終了させても、まだ電池消耗が激しいところがよく判らない。
とりあえず電源を一旦オフにすると、異常な電池消耗は終わる。原因不明。

また、これらのアプリを使っているとiPhoneがかなり熱くなる。今回は比較的涼しい高地が中心で、渋滞も少なかったので問題にならなかったが、灼熱の都内渋滞路を走ったりするときは、高温によるiPhoneシャットダウンにも注意が必要だ。

総合的に見れば、iPhoneの方が明らかに使いやすいため、今後はこちらを使うことにした。Touch Diamondは操作が非常にしづらくて腹が立つ上、操作ミスでログが取れていなかったりするし、ログ取り出しも面倒なのだが、iPhoneではそういうことがない。

地図としてのnavicoの機能も、特に問題ない。画面が大きい分だけ見やすくて良い。変なところに行くときは、そこだけTouch Diamondを併用すればいい。縮尺変更の自由が利かない点だけが残念。各種の自動通知は、使用中はオフにしておいた方がよい。

懸念事項としては、雨が降ってきた際にどうするかだ。iPhoneをタンクバッグ等に入れたままでもGPSログ自体は取れるようだが、発熱が問題だ。常時給電が必要なので、防水系のケースも使えない。ZipLockに入れてホルダーに付けておいた方がいいのかもしれないが、そこまでZipLockを信じていいのだろうか。このあたりは試行錯誤するしかないだろう。

借り物号がきた

Lead90がお亡くなりになったので、かわりにシグナス125を借りた。

IMG_1100 IMG_1101

■いいところ

バカスクとは完全に一線を画したフォルム
80年代丸出しなコックピットとスイッチ類
止まっているんじゃないかと思うほど静かなエンジン
ひたすらフラットな加速
車体が大柄なだけに直進安定性が良い
ヤマハらしく操縦性が良い

結果として、かなりお気楽に乗れるスクーターである

■ビミョーなところ

ちょっとデカイ
ジョグアプリオに信号ダッシュで負けた
合鍵を作りに行ったら、古すぎてブランクキーが無かった

2007 Last Run・・・できず

暴風の中、西湘あたりまで走り納めしようかと思ったところ、同走予定だったTDMのエンジンが突然停止。色々試行錯誤しているうちに、今度はバッテリーが昇天。
20071231-071231_1604~0001.jpg 出発不能(ガス欠っぽい)
他にも色々と縁起が悪いことが続いたため、潔く出走断念。
その後体調が悪化したため、結果的には止めておいてよかったようです。
20080101-071231_2046~0001.jpg 過剰ドーピング

YJ-2 フルフェイス→ジェット変換

俺のヘルメットはY’S GEAR(BMWに復帰した今となっては微妙なメーカーだなあ)のYJ-2という、フルフェイス(もどき)とジェットの両方に組み替えができる、なかなか面白いやつなんですが、ずっとフルフェイス(もどき)のまま使っていました。ある意味、宝の持ち腐れであります。
元々ジェット好きな俺としては、前々からジェットにしたいなあと思っていました。というか、そのつもりで買いました。しかし、YJ-2がカタログ落ちしたのと同時に、以前は販売されていた「ジェット変換キット」的なものが無くなってしまったので、その道は閉ざされてしまったのかと思っていました。
しかし、何のことはない、普通にYJ-3(YJ-2を最初からジェットで売っているバージョン)のシールドとサイドカバーを買えば良いだけの話でありました(ということに、つい最近気付きました)。
それに気付いたところで、早速ネットで注文。
20071022-PA0_0002.JPG シールド(定価2,940円)とサイドカバー(定価1,575円)
しかし、バイク用品によくある話ですが、説明書なんか当然ついていないので、多少の試行錯誤をしながらの交換となりました。
20071022-PA0_0006.JPG 交換前の状態
20071022-PA0_0004.JPG こんな感じでサイドカバーを捻る(外れるポイントがある)
20071022-PA0_0005.JPG サイドカバーを外したところ。このネジを外して、シールドとチンガードを外す
20071022-PA0_0003.JPG 全部外すと実にマヌケ
20071022-PA0_0001.JPG ジェット用(YJ-3)シールド取り付け
20071022-PA0_0000.JPG サイドカバーを取り付けて、完了!!
その後、早速試運転。ジェットの新品シールドなんていうのは15年ぶりの感覚なんですが、まあ気分の良いこと(ジェットだからなのか、新品シールドだからなのかは不明)。さっさと替えれば良かった。もう暫くはこのメットでいけそうです。

Go to 9syu

気がついたら、5月連休まであと2ヶ月。
嫁さんに30分ほど電話機と格闘してもらった結果、久里浜〜大分間フェリー(シャトルハイウェイライン)の予約が取れました。ちなみに去年はこの時点で撃沈(出遅れたせいで、予約取れず)。
というわけで、連休は九州ツーリングになりました。九州自体は遠いけど、港までが猛烈に近いので、非常に気が楽です。北海道ツーリングの場合、北海道云々以前に港が遠すぎてたまりません(前回は新潟港&仙台港)。逆に近すぎて変な感じ。
さて、それまでにちょっとはバイク直すか・・・

やっぱりエセ解禁だった

やっぱり、ダメでした。
やっぱり、エセ解禁でした。
結局、首都高での二人乗り解禁はなくなりました。
詳細はこちらにうまくまとめられています。
それにしても、この腹立たしさは一体何なんだろう。
お前は首都高にタンデムで乗る機会があるのか、と言われると、多分無いんだけど、
そういう問題じゃないんだよな。
確かに首都高は危なっかしい。でもそれは普遍的なものであって、バイクに限った話じゃない。
四輪だって同じじゃないか。それに、そんなに危ないなら、全部壊して作り直せばいい。
首都高でコケたりしたら死ぬなんてのは、言われなくても判ってる。
タンデムしているヤツは、後ろに乗せている人の命を預かっているんだ。
そんな状況で危なっかしい運転なんかするわけがない。
その道路上の、他の誰よりも安全運転しているはずだ。
それは助手席とかリヤシートに人を乗せている四輪だって同じだけど、その感じ方は全然別モノなんだよな。
それを知らないヤツが、こういうことを決めていることが、ものすごく腹立たしい。
このアタマが固いオヤジ達を納得させるには、どうすればいいんだろうか?
どうすれば判ってもらえるんだろうか?
個人的には、四輪の免許を取る条件に「自動二輪運転経験一年以上」というもの
を追加するしか無いと思ってるけど、それは非現実的だし。
とにかく、その道が危ないかどうかぐらい自分で決めます。
アナタ方が勝手に決めないでください。