Archive for 'Lead 90'

ドナドナは突然に

ちょっとした用事があって、LeadでNAP’sに向かっていた時のこと。

藤沢バイパスのど真ん中で、いきなりエンストしてしまった。仕方がないので路肩に停める。路肩が極めて狭い藤沢バイパスで、これは結構怖い。

何度かキックすると辛うじてエンジンがかかり、なんとかNAP’Sまでたどり着いた。

しかしその後は残念ながら二度とエンジンが息を吹き返すことはなく、遂にはキックまでピクリとも動かなくなってしまった。

最悪の事態を覚悟しつつ、すぐそばにある丸富オートに持っていってみると、やはりというかなんと言うか、エンジンが焼きついているとのこと。
p_2048_1536_31ED4C5D-4EA1-4A8E-A981-345008B552FB.jpeg

去年の夏あたりから、回していても急に回転が落ち込んだり、伸びなくなることがあったので、何となく予想していた話ではあるけど、こうして本当に駄目になるとやっぱりショック。

修理したら大金がかかるし、わざわざエンジンだけ買ってきて乗せ替えるほどの思い入れもない。潔く処分をお願いすることにした。やたらと早い決断に、店のニイチャンも驚いたかもしれない。

こうして、約7年前に5万円で買ったLeadとは、予期しないタイミングでお別れすることになってしまった。まあ、十分楽しませて貰ったとは思うけど、替えたばっかりのタイヤはちょっと勿体ない。

処分代の5250円を支払い、ナンバープレートやらメットやら何やらを入れる袋を貰って店を出た。

さて、ここはどの駅からも遠い僻地なので、バスに乗らざるを得ない。バス停に向かうべく信号待ちしていると、凄いタイミングでバスが来てしまい、案の定逃げられた。次のバスの時間を確認し、コンビニで暇つぶしして5分前にバス停に向かうと、またしても信号待ち中にバスが通り過ぎていった。しかも2本も。

Leadがお亡くなりになった上に、目の前でバスを3本も立て続けに逃すなんて、なんという踏んだり蹴ったり具合なんだ。ただでさえ情緒不安定状態なところにこの状況。次のバスまで黙って待っていられるわけもなく、思わずバス停を蹴飛ばして藤沢駅に向かって歩き出してしまった。一時間弱かかって藤沢駅に着いた頃には、だいぶイライラも収まっていた。

そして俺は知人の結婚披露宴に向かう電車の中で、iPhoneでこれを書いている。それ以上はあえて言うまい。

夏の海岸線はLeadに限る

テレビのCMで、三井アウトレットパークがセールをやっていることを宣伝していた。仕事用の黒い靴が欲しかったので、何となく行ってみようかと思い立った土曜日の朝。

普通だったらクルマで行くような場所なんだけど、その前にちょっと図書館までLeadに乗って本を返しに行ったところ、なかなかのバイク日和であることに気付いてしまった。

横浜市金沢区までLeadで行くことにしてしまった。

どうせなら、クルマじゃ絶対に通る気にならないルートで行くに限る。

いつもだったら国道1号→環状2号→国道16号、なんていう無粋極まりない道なんだけど、今日は国道134→朝比奈峠、なんていう、このへんでは極上のツーリングルートにする。Leadだったら渋滞なんて関係ないし。

混んでいると思いこんでいたR134は、それほど混んでいなかった。江ノ島あたりも人が少ない。不況で近場の海水浴には人が集まるかと思いこんでいたのだが、そこまで単純な話でもないのか。

腰越を過ぎ、鎌倉高校前に出る。江ノ島東浜とはうってかわって砂の色も海の色も急にキレイになるこのエリアでは、ロングボードにまたがった数名が水に浮いていた。おいおい、今日は波なんかあるわけないだろう、何でわざわざそんなところで日焼けしてんだ、とか悪態をついていたら、たまーにメロウな波が割れ、ロングがのんびり乗っていた。悪態をついていたことが恥ずかしくなる。鎌倉らしいゆっくりした時間が流れる場所では、チサンあたりの波争奪戦に染まってしまった俺には出る幕は無い。

江ノ島よりは格段に人が多い由比ケ浜を過ぎ、若宮大路を通って朝比奈峠へ。一瞬R16に出て、すぐに八景島方面に向かい、暫く走ると横浜ベイサイドマリーナ。所要時間は1時間ちょっと。なかなかいい感じの距離とルートだ。大物を買うのでなければ、原チャリで来るのも悪くない。しかし、ついでにコストコに寄るなんてことはできないけど。

暫くアウトレットをうろうろしてから帰路につく。帰りは朝比奈峠ではなく逗子経由にした。これはイマイチ失敗だったが、逗子海岸、材木座海岸を眺められたので良しとする。

稲村 稲村ケ崎にて

そのまま来た道を通って家に向かう。すると、最後の方でいきなりエンジンの吹けが悪くなってきた。アイドリングしているとエンストしてしまうし、加速もイマイチになった。ガス欠的な感じだけど、別にガソリンがなくなったわけではない。何だこりゃ? 珍しく遠出したからおかしくなったのか? 熱ダレするほど暑かったり渋滞だったりするわけでもないし。

最後はヘッポコだったが、なかなか気持ち良いツーリングだった。やっぱり夏場は風を感じやすい原チャリで、夏のエネルギーを感じながら走るに限る。

ちなみに、三井アウトレットでの買い物は、撃沈。何も買わずに帰ってきた。ツーリングとしてはある意味最高だったので文句は無い。無いです。全然ありません。トホホ。

こっちもタイヤ交換

スリップサインどころか溝そのものが見あたらない状態だったLead90のリヤタイヤ。最近、二人乗りしていたらズルズルっと思いっきり滑るので、何かと思ったら空気がろくに無い状態になっておりました。もはや空気を入れることすらメンドクサくなり、替えてしまうことにしました。
というわけで、いつものG湘南に持っていくと「あ〜msotaさん、これ前も替えなきゃダメだよ〜」というオヤジの声に騙されて、前も替えてしまいました。前後交換して13,500円。例によって、作業終了次第、軽トラでうちまで持ってきてくれることになりました。このテキトーさがたまりません。レシートも作業伝票もありません。
原チャリのタイヤなんぞ全く拘りがないので特に指定もしなかった(というかそもそも知らない)ところ、勝手にMICHELINがついて戻ってきました。
MICHELIN どうせならPIAZZAをMICHELINにしたかった
というわけで、久しぶりに適正空気圧な状態のLeadに乗ったわけですが、まあハンドリングの軽いこと軽いこと。ついでに財布も軽いです。1日でタイヤ6輪分交換は痛すぎる・・・

100回キックの刑

Lead90で香川屋分店に向かい、10分ほど並んでメンチカツを買った。家に帰るべくエンジンをかけようとしたところ、困ったことに全然エンジンがかからない。いくらキックしても、まるでかかる気配がない。
バッテリーが死にかけなことはわかっていたけど、まあキックがあるからいいや、と適当に出てきたのが失敗だったか。しかし、家を出るときはすぐにかかったのに、何で??
キックを繰り返すこと数十回、否、100回以上。
何回やってもまるでダメ。
そもそもキックレバー自体が引っかかる感じで下りてくれない。
キックレバーをチマチマと動かしながらキックポイントを探さないとキックが下りない。
キックが下りたところで、かからないのは一緒。
何だコレは、一体何の罰ゲームなんだ。もう諦めて家まで押して帰るか。あーメンドクサイ。さすがにうんざりしてLead90そのものに蹴りを入れたりしていると、見かねた香川屋のオッサンが助太刀に出てきてくれた。
オッサンもまた、キックのダメ加減に驚く。何だこりゃ、エンジン焼き付いているんじゃないの?なんて会話をしつつキックするも、やっぱりかからず。
そこで共同作業を開始。オッサンがキックし、俺がアクセルを捻る。これを同時にやったら、あっさりかかった。ありがとう、香川屋のオッサン!
家に着いたら、揚げたてだったはずのメンチカツは、とっくに冷めておりました。
20070211-070210_1603~0001.jpg 運動後だけに美味かったです

シート補修テープ

我が家で最も活躍しているマシーンであるLead90も、やっぱりシートがボロい。
20051130-PA0_0004.jpg円形破れ
破れてしまう原因は判っている。荷物なりメットなりを入れるべくシートを持ち上げると、それが必ずハンドルと干渉し、そのうち破けてしまったのだ。これは明らかに設計ミス。TDMとは違って、材質の問題ではない。
乗るだけなら、このままでも全然問題ないけど、雨とかが滲みると嫌〜な感じなので、ガムテープとかを張ったりしてみた。しかし、すぐに剥がれてしまって使い物にならない。そんな時、たまたまホームセンターのチャリンコ売り場でこんなものを見つけた。
20051130-PA0_0005.jpg240円也
単なるビニールテープというかフィルム状のテープを、単にこう名付けて無駄に高く売っているだけのような気がしないでもないけど、それほど高いものでもないので、あまり期待せずに買ってみた。
早速、説明書に従って貼ってみた。
20051130-PA0_0003.jpgカットして角落とし
20051130-PA0_0002.jpgあとは貼るだけ
さて、今度のテープはいつまでもつか。テープはそこそこ長いので、仮に剥がれても10回くらいは貼れそう。

スピードメーター復活

不可抗力によってカウルの外し方を知ってしまったせいで、ついついいじりたくなる衝動を抑えきれなくなり、またカウルを外してしまった。
そして、スピードメーターケーブルの反対側(ホイール側)を掴んで前後に揺らしつつ、カウルの隙間から除いてみると、下の方でケーブルの先っぽがウヨウヨしていた。先日ケーブルが見つからなかったのは、単に暗くて見えなかっただけだったらしい。
040822_1254~01.jpgおいお前、勝手に抜けるんじゃねえ
ケーブルさえ見つかればこっちのもので、あとは単にネジ込むだけでおしまい。ネジ山の長さが15mmくらいはありそうなのに、勝手にネジが緩んで外れるっていうのはちょっと解せないけど、まあいいか。
そんなことより、一番知りたいのは「ケーブルが抜けていた半年間に何キロ走ったのか」だったりして。

スカスカブレーキ対策

ちょっと買い物に行こうとしてLead90で出かけたところ、元々ダメダメだったフロントブレーキが、輪をかけてダメダメになっていた。握ってみてもスカスカで、まるで効いている気配がない。試しにブレーキをかけながら押し歩いてみたら、簡単に前に進むではないか。ダメだこりゃ。
原チャリごときにメンテナンスの手間をかけるつもりはさらさら無かったのだが、さすがにここまで酷いと放置できない。だからといってわざわざバイク屋に出すほどでもないので、仕方が無いのでブレーキオイルの量を見てみることにした。
040815_Lead90-01.jpgとりあえずカウルを外してみた
途中までは自宅備え付けのダイソー謹製ドライバーで対応していたのだが、マスターシリンダーの蓋を固定するプラスネジがやたらと固い。こんな重要部品のネジをナメてしまってはたまらない。さすがに100円工具を使う気にはなれなくなり、仕方なくピアッツァのトランクから工具箱とブレーキオイルを持ってきた。今度は簡単に外れた。さすがストレート製工具、ダイソー製とはひと味違う。
そして中を見てみると、ブレーキオイルなんか殆ど残っちゃいなかった。ここまで来ると、ホースの中はエアだらけに違いない。
仕方が無いので、適当にエア抜きしながらオイルを注ぎ足しておいた。
040815_Lead90-03.jpg原チャリにBPのDOT4なんて贅沢すぎる
040815_Lead90-04.jpgとりあえず入れときゃいいだろ
真面目にエア抜きしたわけではないせいか、ブレーキレバーを握った時の手応えはあまりよろしくない。効きが心配だったが、試運転してみたら簡単にフロントロックしてしまい、コケそうになってしまった。今までよっぽど効かなかったってことか。
ついでに、まるで動かないスピードメーターがどうなっているのか見てみたら、やっぱりケーブルが抜けていた。挿そうと思ったのだが、カウルの中に隠れてしまって出てこない。面倒なのと、蚊が多くて嫌になってしまったので、やっぱりほっぽらかしになってしまった。

常時0km/h

去年の年末に茅ヶ崎図書館で本を借りたのだが、全然返さなかったせいで催促の手紙が来てしまった。仕方が無いのでLead90に乗って本を返却しに行った帰り道で、Lead90のスピードメーターが全然動いていないことに気付いた。普通に走っているのに0km/hのままなのだ。当然ながらオドメーターも全然動いちゃいない。
スピードメーターなんて普段全然見ていないので、何時から動いていないのかは定かではない。
原チャリなんて車検も無いし、そもそもスピードメーターなんてあってもなくてもあんまり関係ないし、スピードメーターが死んでいる原チャリなんて別に珍しくもないので、当然ながらほっぽらかしにすることにした。さすがにコレはJR130のデジパネみたいに自然治癒はしないだろうなあ。

すり抜ける歓び

もう1ヶ月以上前の話になりますが、オークションで落札したリード90を受け取ってきました。はるばる三郷まで。うちからだと東海道線〜山手線〜常磐線快速〜常磐線鈍行〜バス、って感じで、結構、いやかなり遠いのです。バスはものすごい裏道っていうか住宅街ばっかり走るせいで時間がかかるし、北千住での常磐線の乗り換えはワケ判らんしで、行くだけでも一苦労。何でJRからJRに乗り換えるのに改札通るんだかサッパリ判りません。
出品者はバイク屋さんであろうことは予想がついていたんですけど、行ってみたらバイク屋っていうより解体屋でした。そうそう、三郷と言えば解体屋。いすゞに強かった欲賀商会は今どうなっていることやら。
一応試乗してみたり、給油口の場所とか確認したりしてみて、帰路についたのでありました。この日は午後から会社なので、とりあえず川崎までの原チャリの旅。
スクーター自体がかなり久しぶりだし、自分で所有するのは初めてだったりするのでちょっとビクビクモノだったんですけど、すぐに慣れました。ちょっとフロントブレーキが弱いけどまあいいか。ショボいディスクブレーキ(フロント)よりは普通のドラムブレーキ(リヤ)の方がよっぽど効きがいいっていう定説通りといったところでしょう。三郷から川崎までは1時間半もあれば着くだろうと思ってたんですけど、東京近辺で道を間違えたせいで2時間オーバー、結局会社は遅刻。
lead.jpg仕方ないので蒲田あたりで会社に電話のため停車
そして何とか会社のビルまで着きました。途中でライトのあたりのカウルのネジが落っこちるハプニング付き。2時間以上乗ってた割にはあんまり疲れもせずに快適でした。こんなのでも一応85km/hくらいは出るし、すり抜けも楽勝だから渋滞も関係無いのですごく楽ちん。都会だと「駆け抜ける歓び(c) BMW」なんて無いもんなあ。
とか何とか喜んでたら、茅ヶ崎までの帰り道で雨に降られてガッカリ。それでも所要時間1時間15分くらいで家に着いてしまいました。横浜新道にも乗れないのに。何だ、原チャリの方が電車とバスより早いじゃないか!

アシ入手

今のウチが駅から約2kmっていう微妙な場所にあることもあって前からちょっとは欲しかったんですけど、新島レポでも書いた通り、何となく釣りだとかそういうものにハマりつつあるワタクシは、ついに本格的に原チャリを探すこととしました。茅ヶ崎漁港に行くには原チャリがベストなのです。嗚呼、この間まではSRX-6の3型が欲しいぞ、やっぱり三角形のサイドカバーじゃなきゃヤダ、なんて言ってたくせに。
で、原チャリとは言っても、一応限定解除なワタクシとしては50ccを買うわけが無く、せめて90cc、できれば125cc。気楽に荷物を載せて走りたいからやっぱりスクーター。最近の馬鹿者がやってるみたいなカスタムすることが似合うようなヤツじゃなくてもっとオッサンっぽいやつ。ただの足がわりだから動けばいい。とにかく安いヤツ。そしてヤマハ党としては出来ればシグナス125がいいぞ、なんてことをダラダラと考えていたわけですが、困った事に昨今の妙なスクーターブームのせいもあるのかやけに高いんですわこれが。オークションとかで見てても平気で10万近くまで値が上がるし、中古車も高い。
しょうがないので、かなり久しぶりに相模川の河川敷にある湘南ジャンクヤードなんかに行ってみました。
こういう雰囲気にもピアッツァのおかげで慣れました。トホホ
まあここには数はあるんですけど、肝心のシグナスは無い。アドレス100とかリード90とかならあるけど、6万とかするくせに結構距離も行ってるし、当然ジャンクだから保証も何もなし。バッテリーはスカ。かといって、近くのウメダモータース(未だにU-Mediaとかいう名前に馴染めない)に行ってまともなヤツの値段を見てみるとひっくり返るような値段がついているわけで、この時点で店で買う事は基本的にあきらめモード。
そこでオークションを漁ること約2週間。出てくるタマ数とか、値段的なこととかを考慮して、結局ホンダのリード90を5万ちょっとで落札してしまいました。ホントはホンダは個人的に好きじゃないんですけど、これ以上にオッサン臭さとか値段とかがグッドバランスなヤツが他に無いんだからしょうがないです。オッサン臭さを増長するため、あえてゴールドなんていう変な色にしてみました。さて現物はどんなものなのやら。
しかしここで問題が一つ。落札したリード90は三郷にあるのです。うちからは80kmくらいは平気であるんじゃないのか? 
自宅〜大学間の40kmを時速30kmしか出ないモンキーで通っていた俺としても、これには若干怯み気味。
というわけで、こうしてまたしても散財してしまったワタクシは、少しでも散財感を解消すべく、K100RS用にストックしてあった部品なんかをオークションで売ったりしているのでした。それにしても、普通に買っても1つ2千円もしないオイルフィルターが2つで3650円にまで上がる(終了まであと4日もあるのに)なんて、やっぱりBMWに乗ってる人っていろんな意味で凄いですわ。